新宿で中国粥の朝、カユサンチン

新宿ではじまる今日。
ちょっと変わった朝ご飯をと「粥餐庁」にやってくる。
とんかつの「さぼてん」を展開している会社がやってる粥専門店で「カユサンチン」と読む。
商業施設の飲食フロアに、さぼてんと抱き合わせで出店することが多いようであまり目立たぬブランドでした。ところが先日、博多のKITTEでこの店の支店を発見した時にはビックリしました。
案外しっかりしてるじゃん…、って(笑)。
朝には手軽な価格でお粥定食が用意されてる。干し海老ザーサイは中国的なるトッピング。蒸し鶏と水菜もおなじく、けれど焼鮭と青のりの組み合わせとなるといささか日本のお粥のようで、こういうこだわりがあまりないとこがいいかもしれない。だって気軽なお店だもん。

鮭と青のりのお粥をたのんだ。
メインのお粥に肉まんがつく。
蓋付きのステンレスの小さな蒸し器に入って到着。
お店の人がうやうやしく蓋をとってくれるというのがなかなかうれしい。
小籠包と肉まんの中間くらいのほどよきサイズ。
持つとしっとり、指にやわらかな生地がはりつきあったかくする。
ふっかりとした生地を割ると中にはたっぷり、肉とネギ。粗く刻まれた豚バラ肉の香りおいしく肉汁が染み出し生地を濡らしてく。
思った以上にこれがおいしく、口の中が肉の旨味で潤う感じ。半分そのまま食べ、残り半分に黒酢を垂らしてパクリと味わう。この肉まんだけでも食べに来たくなる、オキニイリ。

お粥はぽってりでもありさっぱりでもあり。
お米の状態は中華粥と日本のお粥のちょうど間のような食感。
鶏ガラスープとホタテの風味で、味は中華粥寄り。揚げたワンタンがたっぷりのってて、香りはすっかり中華的。
ところが具材のせいでしょうか…、鮭や青のりとなると気持ちが日本の方にひっぱられる。
トッピングがいくつかあった。ザーサイだとかパクチーだとかをたのんでトッピングしたらもっと中国的をたのしめたに違いなく、なのになぜだかねり梅もらった。体が酸っぱさを求めてのこと。黒酢で酸味を加えてもよかったのだけど、朝のお粥といえばやっぱり梅でござろう…、とそうして食べた。酸味と甘み、そしてなにより梅干し独特の紫蘇の香りがおいしくて、食すすみます…、日本人。

申し訳ないほどにサービス精神旺盛で、530円という定食なのにメインのお粥に肉まん、それから杏仁豆腐。トゥルンとなめらかで、味わい上品。上には一個、クコの実までが置かれてかなりの本格派。
お茶がセルフサービスだけど飲み放題というのもうれしい。しかもガラスのカップの中に烏龍茶の茶葉が入ってそこにお湯を注いで味わう。食べはじめる前にお湯を注いで食べ終わる頃に茶葉がすっかり開いて一番おいしい状態になってる。先を急がぬ朝ならばお替り作ってのんびりするのもよかろうもの。
お粥も杏仁豆腐も器はすっかりキレイになって、さすがに梅はタップリ過ぎて残してしまう。全部食べてもお腹が軽い。今日は昼ごはんがおいしいだろうなぁ…、って思って仕事に向かう。急ぎます。

 

関連ランキング:中華粥 | 新宿駅新宿西口駅新宿三丁目駅

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。