感謝祭、ボウリングして大きな家族のようになる

定期的に伺っている会社の懇親会にお招きいただく。
岐阜を中心に和食の店や焼肉店を経営している会社の、年に一度の恒例行事。
今年で三回目にて、毎回お呼ばれするのがたのしく、うれしい。
正社員からパートにバイト。
希望者は全員参加資格のある会。
だから当然、全店休みをとっての開催で、一日分の売上は減る。開催費用はかかるから経営的にはかなりの負担。けれど飲食店と言うのはシフトで動く職場でだから、同じお店で働いててもみんなが同じ時間を過ごすわけじゃない。
店が何軒かあればなおさら、同じ会社にいるのに互いを知らずにいることがあって当然。
でもその当然は本当は当然にしたままにしちゃいけない当然。それで年に一度ではあるけどこうしてみんなで集まり同じ時間を過ごす。会社としての一体感を感じる一日。昔はいろんな会社がやっていたけど、今では本当に少なくなった。

勉強会付きの懇親会はそれでも多い。けれど講演だとかをしてしまうと仕事の上下関係や役割だとかを否応なしに思い出させて、懇親会がたのしくならない。
今日は役割関係なしのフラットな一日。
勤続表彰だとか、優秀店舗の表彰だとかはある。くじ引きがあって一等賞が50インチのテレビだったりするのもたのしく、けれどほとんどすべての時間はみんなで、飲み、食べ、喋る。

150人ほどが集まったのだけど、100人以上が女性であります。
飲食店は女性の職場。
もてなす人も、もてなされる人も女性が主役で、だからこういう機会はステキ。
なによりみんながおしゃれして、背筋伸ばしてにこやかなコト。
ずっと会場の中は明るい会話で満たされている。パートさんやバイトさんたちがたのしい会話を心置きなくできるようにと、幹部社員や正社員は会話をつなぎ、飲み物をサーブしたりするのですね。懇親会というよりも、感謝祭って感じですらある。
ひとつ組織で働く人が、互いに互いの役に立ってるという気持ちを持てる。持って互いを感謝し合える環境ってステキだなぁ…、って思うわけです。

テーブルの上には料理があれこれ並ぶ。特にビーフシチューを壺にいれパイをかぶせて焼き上げたパイ包み焼きのおいしいコト。
ローストビーフのにぎり鮨や生ハムサラダとか、贅沢な料理をちょっとだけ…、って感じの食卓。でも女の人の気持ちはプールサイドに作られたデザートバイキングのコーナーにあっという間に向かっていって、別腹発動。甘いものを食べながらどんどんテンションが赤っていくのがオモシロイ。
なぜだかピザの横にパクチーが山盛りにされて、しかもご丁寧に札までついてる。パクチーブームにあやかって…、ってことかもしれない。笑っちゃう。

4時間ほどの懇親会はあっという間に終わって、今度は正社員を中心に懇親会の二次会をする。

ボウリング大会でありました。
実はボウリングはこの日でおそらく4回目かなぁ…、ほとんど初めてという状況。
ピンにボウルが当たらないほうが今まで多かったほど。
ブームの頃に父や母はマイボール&マイシューズ族。週末ごとにボクらを連れてボウリング場に行っていたほど。ついてくとコーラが飲めて、お腹が空いたらカレーライスを食べられた。ただそれだけがたのしくてやってみようと思えず大人になっちゃった。
チーム戦だったりしたのでごめんね…、多分、全然、倒れないと思うからといいつつなんと80点を超えてビックリ。ただうるさかったボールがピンに当たる音が心地よく思えたりした。

長い一日もそろそろ終わり。夕食をみんなで食べてお開きとする。
先日、言って感心した創作和食の店「ギー胡麻」を貸し切り夕食。日本海、能登や富山からはこばれてきた魚の刺身に舌鼓。中でも甘エビより甘いと言われるガスエビのブリブリとした食感、甘みに感心し、そのガス海老の頭をガリッと揚げて味わいウットリします。
鱧を炙って練りゴマソースと一緒に味わい、白子のコロッケや銀鱈の西京漬けにおこげで〆る。家族でやってる会社で、働く人も夫婦ともども働いてたり社内結婚が多かったりする。だからこうしてみんなで食事をしていてもまるで大きな家族で飯を食ってるような近いつながりを感じるところがまたステキ。この人間味が壊れぬように、それでも大きくしていくことがこから大切。頑張ろう。

 

関連ランキング:居酒屋 | 名鉄岐阜駅

コメント

  1. はっち

     うん、いいですね。こういう会社。
    前の職場でも、正社員の方がパートの私達に、年に一回ホテルで感謝会を開いてくださったのを思い出しました。大切にされていると感じると、ずっと心に残るものですもんね。

    • サカキシンイチロウ サカキシンイチロウ

      はっちさん
      経営者がえらそうにしない会社はいい会社です。
      本当に偉いのは現場でお客様と日々、ふれあって働いている人たちであって、感謝の気持ちを素直に形にできる組織は健全な組織なんだろうと思います。
      最近、勉強ばかりに熱心で、人同士の本当のふれあいを忘れてしまっている会社が多くて、だからこういう会社と出会うと、がんばって…、って心から応援したくなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。