意識高いコーヒー2杯。崎陽軒のしょうが焼き

六本木からお呼びがかかりコーヒーを飲む。
まずはブルーボトルコーヒー。国立新美術館のちょっと手前のビルの一階。面しているのは裏通り。
よくこんなところに店を作ったよなぁ…、って思わせる場所。
ブルーボトルコーヒーの中でも飛び抜けてミニマルな作りで、客席数も少なくて果たしてこれで家賃を払うことができるんだろうかって心配になる。
ただその心配が居心地の良さと目にうるわしい店内景色と思えばなんともありがたくもあり、冷たいカフェラテもらってのんびり。
並外れて酸っぱいここのコーヒーもミルクと出会うと甘くておいしく、飲みやすくなる。コーヒーに感心するよりミルクの偉大なことにウットリさせられました。それもよし。

 

関連ランキング:カフェ | 乃木坂駅六本木駅六本木一丁目駅

 

ブルーボトルのある六本木の北側から六本木交差点を挟んで反対側にあるヴァーヴコーヒーロースターズの六本木店を目指して歩く。
かつてパブカーディナルがあったりレッドロブスターの一号店があったりと、六本木の中心と言われたエリアのゴーストタウンのごと寂れた様子に、街もうかうかしているとあっという間に壊れるんだなぁ…、としみじみ。
ロアビルなんて廃墟のようでありました。
で、目的のヴァーヴコーヒーロースターズ。ボートレース振興会の本社ビルの付帯施設的位置づけなんでしょう。高級車のショールームみたいな作りの建物を豪勢に独り占めした贅沢さ。新宿の店でいつも飲んでるカフェトニックをたのんで、表のテーブルで飲んだらすごくおいしく感じた。オモシロイ。

 

関連ランキング:カフェ | 六本木駅六本木一丁目駅麻布十番駅

 

六本木から大江戸線で新宿に戻る。
今日はちょっと気持ちがつかれてデパ地下で弁当をかって晩ご飯の代わりにしようと崎陽軒。
昔、横浜の崎陽軒にいかないと買えなかったしょうがやき弁当が、最近新宿のデパ地下でもかえるようになってまずそれ。
時間が経って冷たいのに、不思議なほどにおいしい生姜焼きなんです。
脂が決してくどくない。かたまってもないし、なのに口に含むと脂の風味を感じる不思議。しかもシットリ。噛みごたえもありご飯のおかずにとても優秀。
ピーマンとたけのこの炒め物もしっかりとした味わいで、生姜焼きの下に潜んでいる煮た玉ねぎがシャキシャキシャクシャク、歯ざわりもいい。シウマイだけじゃない崎陽軒ってなんだかすごい。オキニイリ。

簡単におかずを作る。千切りキャベツをまず作り、塩と胡麻油をあえてしんなりさせておく。ゴーヤを薄切り。塩を入れたお湯にさっとくぐらせてしんなりキャベツと合わせて鰹節も一緒にまぜる。
キャベツの甘みとゴーヤの苦味。どちらもシャキシャキ歯ざわりがよく体の中が洗われるよう。
大根ときゅうりのぬか漬け。そして汁。
いりこの出汁にサイコロに切った絹豆腐。クツクツ煮込んで豆腐が一回り膨らんだとこで味噌をとき、最後に玉子を流して閉じる。フーフー熱くて、ふっくらやわらか。豆腐がトゥルントゥルンとお腹の中に滑り込んでく感じがおいしい。あったまる。

コメント

  1. ぴーちゃん

    あそこのブルーボトル、週末は結構混むはずです。コロナ前は旅行客がたくさん来て写真を撮っていました。とはいえ今はどうだかよく分かりませんが、広くて店員さんも気持ちの良い対応をしてくれるので、小さい子供が2人もいるうちにはオアシスのような場所です。

    • サカキシンイチロウ

      ぴーちゃんさん
      この日もお店の表でお子様連れのママ友がたのしげに歓談してらっしゃった。
      六本木って案外、のんびりと時間を過ごせる場所がたくさんあって、そんな街のムードにこの店はあっているのかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。