徳島の夜、徳島の朝、せわしなく

staba仕事の合間にスターバックス。
お店の中はすっかりホリデーモードであります。
クリスマスのデコレーション。
従業員も赤いTシャツ、緑のキャップと太って髭を生やせばサンタさんになりそうなユニフォーム。
ショーケースの中も徐々にホリデーモードになりつつあって、あぁ、もう年末かぁ…、って思う。
この時期をのんびりたのしむにはいささかちょっと忙しく、ホリデーシーズンというよりも「師走」って言葉がボクの12月にはふさわしい。
ティーラテもらう。

最近、オキニイリの「ミントシトラスティー」を使った紅茶のラテでほんのり甘く、ミントの香りがふわり漂い頭の中がスッキリしてくる。コーヒーにはないさわやかさ。コーヒーにはない香り豊かにウットリしながら、ふっくらとした泡をたのしむ、仕事中。

lo-ebikatu徳島に来て打ち合わせのち勉強会に試食をあれこれ。
試食なのでどれもちょっとづつつまみ食い。
かなりの料理を食べたはずなのに、なんだか気持ちが満たされない。
しかもずっと話をしながら食べてて、写真を撮ることすらを忘れてしまった。
なんか食べたい。
ガツンとお腹に響き渡るような体に悪いモノ。
それで駆け込む…、ロッテリア。

東京でロッテリアに入ることはほとんどない。地方に来て駅ビルに入ると案外、ロッテリアが多いのですネ。マクドナルドはほとんどなくて、モスがときおり。ドトールコーヒーがあることもある。
けれど地方に行けばいくほどあるのはロッテリア。
不思議だなぁ…、と思いながらも今日も来ました。お店の中は学生ばかり。高校生が放課後をたのしむ場所になっている。
ここでたのむのは大抵エビバーガー。それにコーンポタージュをつけて食べるというのがこの上も無きたのしみなのでござります。

lo1lo2lo3

フッカリとした中華まんの生地のようなやわらかバンズ。千切りキャベツがタップリ入って、熱々エビカツ、タルタルソース。
この組み合わせのおいしいコト。フカっにつづいてシャキシャキが来て、ザックリ歯切れてカサカサ、そしてムチュンという食感にぎやか、変化に富んでてたのしくなっちゃう。
しかもそこにタルタルソースのポッテリが混じってすべてをネットリさせる。
脂の香りは甘やかでエビがムチュンと奥歯で潰れる。おいしいなぁ…、わかりやすいおいしさがある。全部食べるとココにいる高校生のように元気になれるかなぁ…、って思って食べる。孫に混じってジャンク味わうじぃちゃんみたいな気持ちになった(笑)。それもよし。

asa-plateasa-mesi徳島で朝。
いつものホテルのほどよきバフェ。
美味しいご飯においしいお汁。
新鮮な野菜に焼きたてオムレツ、卵焼き。
ご当地料理も揃ってて、朝にこういうものがあるといいなぁ…、と思えるものがしっかり揃う。
決して豪華ではないけれど、悪くないなぁ…、と思う朝。

海藻麺というパリパリとした食感のアルギン酸を固めて作った透明な麺。
身近に探そうと思ってもなかなか見つけることができないオキニイリで、トマトと一緒にパリパリポリポリ。
口の中で麺がはじけて壊れる感じが気持ちいい。
徳島といえばレンコンが名産品で、そのレンコンと豆腐で作った蓮根饅頭。阿波踊りを揚げて作ったフライドチキンと、ご当地食材が適切に。
中でもフィッシュカツというのが異色。魚のすり身をハム状にしてパン粉をつけて揚げたもの。カレーの風味が鼻をくすぐり、食欲わかすジャンクな味わい。オキニイリ。

ご飯の上にタップリ大根おろしとしらすをのっける。すだちを搾ってザブザブ食べるとお腹の中があらわれるよう。スッキリしてきて食欲になる。お味噌汁にはネギとなるとのワカメを入れてスルスルシャキシャキ、温まる。

a1a2a3

小さく切られた食パンがある。6枚切り。一枚を4つに切ったの2枚使ってサンドイッチを試みる。
トースターで良く焼きます。5分ほど。途中、一回ヒックリ返して表面カサカサ。焦げるまで焼き上げたらばバターを塗ります。
レタスの葉っぱとグリルドベーコン。パンで挟んでみるのだけれど、指で押さえてあげないとビヨーンとレタスがパンを持ち上げひっくり返る。元気な素材の証拠と思って、それでバクリと味わい食べる。口の中がカサカサになり、コーヒー飲んでシットリさせる。ほんのちょっとだけ寒い朝です、移動です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。