徳島うどんに続いてココイチ

徳島に来て仕事のついでにうどんでお昼。
塩ごころという郊外にあるうどん専門のお店で試食をかねてたのしむ。
讃岐うどんとはちょっと違って、ムチムチしていて噛みごたえのある太めのうどん。
その太めのうどんに負けないように鰹節と昆布でとった甘みの強い汁がおいしい。
ズルンとすすると汁がしっかり麺にしがみつき、口の中を潤す楽しさ。「名物うどん」というココで人気のこだわりトッピングを3つのっけたうどんを選ぶ。
甘辛煮込みの牛バラ肉。ふっくら炊いて汁にずっと漬け込み味を沁ませたお揚げ。なるとのワカメとどれもおいしい。特にお揚げのふっくら感と噛むとジュワッと出汁が染み出すみずみずしさにうっとりします。
汁までゴクゴク飲み干して、さてさて仕事を頑張りましょう…、ニッコリと。

 

関連ランキング:うどん | 板野駅

 

ひさしぶりのCoCo壱番屋。
昔はちょっと苦手だったチェーン店。
トッピングが沢山あって、注文するのに一苦労って感じがしたのと、味そのものもピンとくるものがなかったから。
けれど何度か使うにつれて、これはこれでいいのかも…、って思えるようになってきた。

注文の仕方がわかったコトと、好みの辛さやトッピングが決まってきたこと。
自分好みを発見できたらそれを基本にカスタマイズするたのしさがあるんだなぁ…、って思って今日も一工夫。
カレーのご飯をハーフサイズにする。

するとソフトドリンクが一杯サービスになるのですネ。
それでラッシー。マンゴー味でぽってりとした酸味、甘みのバランス取れた案外しっかりした味わいで、カレーがおいしく味わえそうなよきサイド。

カレーの辛さは3辛にして、ほうれん草カレーをベースにします。
トッピングはまずソーセージ。
油で揚げてあっためた、皮の部分がパリパリになったソーセージ。
パキッと歯切れて肉汁ジュワリという、この食感がオキニイリ。

手仕込みヒレかつを一枚追加。
店舗でパン粉をひとつひとつつけ揚げているという、ちょっと上等なヒレかつで、これをたのむと「芳醇ソース」なるコクある中濃ソースがついてくる。
カツの味付けにもいいのだけれど、カレーに混ぜると酸味と甘みが膨らんで調味料としてなかなか優秀。
3辛カレーはほどよき辛さ。
ピリピリするけど、我慢できないほどでないカレー自体の旨味に舌が集中できるボクにとってはギリギリの辛さ。
最初は何も加えずそのまま。カレーの中でクタッとなったほうれん草が、ネットリ舌にからみついてくる食感たのしみご飯をパクリ。熱々ご飯が舌に入ると、カレーの辛さが際立って痛く感じてラッシーを飲む。

手仕込みカツの断面みると、汗をかいて仕上がっている。肉汁たっぷり。しかも揚げ具合が絶妙でへんてこりんなとんかつファストフードでカツを食べるよりいいかもしれない…、って感心しきり。
途中でとび辛スパイスをパラパラふります。
コレが辛い!かけたところを食べると、舌をつねるような辛さ。ビリビリ痛くて、しかも辛さが持続する。カレーが熱い。ご飯も熱い。だから舌が休まることがないのだけれど、そんな痛さが楽しかったりするのが不思議。ラッシーのんで舌を休ませまたパクリ。福神漬けをパリパリかじり、汗をかきかきお腹に収め、気分爽快。満足す。

 

関連ランキング:カレーライス | 徳島駅

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。