御苑の志な乃、けんちん汁にすずしい合盛り

新宿からテクテク歩いて家に帰ると中のコト。
新宿御苑近くに「志な乃」という蕎麦屋があって、長い間来てなかったなぁ…、って気持ちがフラリと向かう。
外からみるとパッとしません。ポスターやのぼり旗なんかもたってないから、やってるのかやってないのかわからなかったりするほど。
ところが扉を開けるとおいしい出汁の香りがフワリ。奥の厨房では湯気に包まれ親父さんが笑顔でニコリ。「うまい蕎麦で腹一杯になって帰ってネ」って気持ちが伝わってくる。
近所の工事現場で働いてる人たちが腹をすかせてやってくる。気取った蕎麦屋にない景色。ここの蕎麦は盛りが良い。しかも太めでお腹にたまる。カツ丼やカレーライスがなくたって、腹ぺこさんのお腹を十分満たせる蕎麦屋って、かっこいいなぁ…、って思ったりする。ボクは好き。

合盛りたのんでけんちん汁を追加する。
大きな鍋でクツクツ炊かれているのでしょう…、たのむとすぐにやってくる。麺を茹でてる時間のお腹を、なだめることができるごちそう。
具材タップリ。大根、にんじん、ネギに崩れた絹ごし豆腐。大根は薄く大きく、口の中でクチュっと潰れる食感たのしい。にんじんは香りがつよく崩れた豆腐には味がしっかり染み込みふるふる。麺を浸して食べても十分おいしいように味は強めでしっかりしてる。味噌に出汁、野菜から染み出す旨味で味は複雑になり、ごま油を注いで仕上げているからずっと熱々。
これをおかずにご飯を食べたら、いい朝ご飯とか夜食になるに違いない…、って思ったりする。オキニイリ。

合盛り用にとやってくる大きな徳利から溢れ出しそうな冷たいツユ。昆布の甘みがちょっと独特。
生姜にわさび、ネギに胡麻。
大根おろしに大葉と薬味は種類豊富でたっぷりと。
今日のメインの合盛り登場。
蕎麦とうどんで合盛りというここの名物。
どちらも手打ちで手切りしかも切りたて。茹でてザブザブ、冷たい水で洗って〆てお皿に敷いたザルの上。
ツヤツヤしていてみずみずしい。特にうどんの飴色で角のカチッとたってるところにウットリします。
作業服のおにぃさんたち。みんな揃ってうどんでした。ここのうどんは歯ごたえがよく、ツルンとなめらか。腹持ちも良くて午後の仕事をはかどらせる元気を作ってくれるはず。

蕎麦は太めです。しかも不揃い。太いところも細いところもあって、そのため食感とてもにぎやか。表面ザラッとゴツゴツしていて、ツルンとすすれずもぐもぐたぐって食べることになる。
タレにタップリ浸しても、蕎麦の風味は壊れることなくしかもタレがおいしいのです。出汁がしっかりきいていて、塩の風味で味が整う。うどんは甘みが引き立ちます。蕎麦は香りがひきたって、噛んでるうちにとろけてくるのもまた旨い。
けんちん汁にひたして食べれば味噌の風味と胡麻の油の香りで、ザルで食べるのとはまるで違った味にする。
麺を全部食べたらタレに蕎麦湯を注ぐ。塩とかえしの中にひっそり隠れてた出汁の香りと風味が目覚めて、お腹もポカッとあったまる。近所にあってうれしいお店。ありがたい。

 

関連ランキング:そば(蕎麦) | 新宿御苑前駅四谷三丁目駅千駄ケ谷駅

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。