峨眉山でお腹あっためオールシーズンズで甘くする。

昼、何を食べようって荒木町をブラブラ歩く。
洋食屋さんは行列で、とんかつ屋さんにしようかと思うもなんだかお腹がそういう気分じゃなくってスルー。
坦々麺がおいしいバルっぽいがあるんだけれど昼のメニューは代わり映えせず、彷徨っちゃった。この界隈はやっぱり夜がみずみずしい場所。夕方が一日のはじまりで昼は夜中って感じがするのがオモシロイ。
それで結局、峨眉山にした。
いつもの店でいつもの料理をいつもの人にサーブされて食べる幸せ。今日はかなりにぎやかだった。テーブルの上にマツボックリで作った小さなクリスマスツリー。もともとのテーブルクロスが深い緑にエンジの縁取りというもので、それが一層、ホリデー気分を盛り上げる。
二人で3つの料理をたのむ。ひとつはここの名物料理。麻婆豆腐の定食にする。辛さが選べて激辛にして山椒の粉をたっぷりかけたら咳き込むしびれ。今日みたいな寒い日には体の中からあっためまるものがなによりゴチソウ。

それから週替りの定食から青椒肉絲。
すべての食材を同じ細さに細切りにして炒めるからこそおいしい料理。
今日のは特に細切りで、みればエノキタケも混ざってる。
えのきの細さに揃えたんでしょう。
シャキシャキサクサク歯切れておいしい。
もう一種類は五目あんかけ焼きそばで、これもここの定番料理。
担々麺用に作られた極細の蒸し麺を多めの油でこんがり焼いて、そこにたっぷりとろとろのあん。
豚肉、鶏肉、白身魚の切り身に野菜。ニンジン、白菜、小松菜、きくらげと具材たっぷりであんはどっしりとした醤油味。オイスターソースの風味、味わいもおいしくてサクサクパリパリの麺にからんで口の中をぽってりさせる。

定食には小鉢と漬物、スープがついてくる。
中華料理に直接関係なさそうな料理ばかりがここの小鉢料理で、今日はなんとところてん。海藻の匂いの強くて冷たくチュルチュル。麻婆豆腐でほてった口にこれがやさしく、良い相性。漬物は大根の醤油漬け。いつもは丸い小皿に入ってくるんだけれど今日は富士山型の皿だった。「かわいらしい」ってつぶやいたら、かわいいでしょう…、ってお店の人が復唱する。なんだかちょっと気恥ずかしい(笑)。
麻婆豆腐はご飯の上にのっけてバクリ。細かく砕けた豆腐がご飯にトロンとからんでお腹の中を熱くする。あんかけ焼きそばには杏仁豆腐がサービスでつく。すべすべの昔ながらの寒天風の豆腐がおいしい。お腹がたのしく満たされる。

 

関連ランキング:四川料理 | 四谷三丁目駅曙橋駅新宿御苑前駅

 

食後のお腹と喉を冷たいものでなだめて癒やす。
先日開店したばかりの、オールシーズンズコーヒーにくる。
週末の昼ということもあってでしょう…、お店の中はにぎやかでほぼ満席。テイクアウトにコーヒーを持って帰る人やコーヒーの豆を買いに来る人たちもかなりいて、いろんな使い勝手があるこういう店って本当に便利。
ありがたい。
冷たいアイスオレをもらう。
お供にグラスに入ったティラミスと、オレオチーズケーキをもらった。
ティラミスはぽってりなめらか。上をかざったコーヒーパウダーがビターでたっぷり。コーヒーがおいしいお店のティラミスって一味違うね…、ってニッコリします。びっくりしたのがオレオチーズケーキ。オレオクッキーを砕いて作った底の部分はサクサクではざわり軽快。フィリング部分はしっとり重たく酸味がスキッとしたニューヨークスタイル。食べると確実にデブるケーキとわかっていながら止まらない味。オキニイリ。

 

関連ランキング:コーヒー専門店 | 四谷三丁目駅曙橋駅信濃町駅

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。