岐阜式の朝、クルベットローズ

岐阜で朝。いつものホテルのいつものバフェで朝食をとる。
宿泊代金にあらかじめ含まれている朝食バフェで、この系列のホテルの朝にはいつもほとんど同じモノを作って食べる。
茶碗にほんの少々のご飯。
そこにタップリオニオンスライス。スイートコーンをちらしたところにハムかベーコン、ソーセージ。どれかをのっけて醤油をかける。今日はハムがおいしげでそれをのっけてひと揃え。口の中がみずみずしくなる朝のゴチソウ。
それにコーンポタージュをカップに一杯。今日はクルトンが用意されてた。今までずっとあったのを気づかずにいたのかそれとも今日はじめてのことなのかわからないけどクルトンがあるだけでなんだか得した感じ。最初はカリコリ、サクサクと、しばらくするとスープをすってねっとりしてくる。味の変化もオモシロイ。

お迎えがくるまでロビーでちょっとのんびり。
ボタン一つでガリガリッとコーヒー豆を挽いてプシュッと蒸気をあてる。
そこそこおいしいコーヒーがこんなに簡単にできてしまうことにいつも感心。ちなみに今朝のこのコーヒーの豆はドトールの豆でござった。
なんだかちょっとなつかしい。

お迎えがきて車で移動。
朝からしとしと雨降る冷たい朝でござんす。
熱いコーヒーでものみましょう…、と、クルベットローズという喫茶店に来る。
昭和な感じの店であります。
近所のおなじみさんが朝から続々やってくる店。手軽な値段の弁当がお店のショーケースにズラリ並んでて、帰りに買って帰る人がたくさんいたりするのがオモシロイ。
ちなみにやってくる人たちも昭和な感じ。しかも自由な立場の人が多いのでしょう…、今週末のテニスやゴルフの話でニギヤカ。小さなコミュニティーでみんなが仲良くつながりながら生きていけるって、シアワセかもなぁ…、ってちょっと思ってうらやまし。

コーヒーをたのむと無料でついてくる岐阜式朝食。
お弁当用に鶏の唐揚げをたくさん作ったのでありましょう…、串に刺した唐揚げがお皿の中でかなり特殊な存在感。
朝から唐揚げ…、ってちょっとウレシク、フォークで一個、また一個と抜き取りながらパクパク食べる。

サンドイッチがほんのちょっとだけ。
卵サラダのサンドイッチにハムとキュウリのサンドイッチと、この組み合わせは日本の喫茶店のサンドイッチの定番中の定番ですな。
ほどよく薄いパンにタップリバターとマヨネーズ。
具材はそれほど多くはないけど、そのマヨネーズのおかげでしょうか…、存在感が抜群で、口の中がみずみずしくなる。
パンもふっかりほどよくて、作り続けるってスゴいコトに違いない…、って感心するほどおいしく感じる。

茶碗蒸しがついてくるのが岐阜式モーニングの特徴的なところで、ここでもメインディッシュの位置にドスンと茶碗蒸しの器がのっかる。出汁がおいしい。なによりフルフル。乾いた朝の体やお腹にとてもやさしく、朝食に食べるものとしては無敵だなぁ…、って思ったりする。
それから冷たい中華そば。麺は中華の卵麺。けれど使った汁はそうめんつゆでほんのちょっとだけお酢を垂らしてキリッとさせてる。大根おろしのみずみずしさも、朝の口にたのしいもてなし。
ほどよく苦く、ほどよく甘く、あまり酸味を持たぬコーヒー。だからグイグイ、朝から飲める。飲んでもお腹を重たくしない。気取らぬところがいいなと思う。そして仕事へ、レッツラゴ。

 

関連ランキング:喫茶店 | 柳津駅西岐阜駅西笠松駅

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。