岐阜の角浅、味噌煮込みうどんにとろろをのせて…。

昼、岐阜の郊外、柳津にある「角浅」といううどん屋さんにひさしぶりにくる。
のんびりとしたいかにも家業経営です…、って感じのお店。テーブル席の前にキッチン。座敷に座ってのんびりと待つ。きしめんと煮込みうどんがおいしい人気の店で、ここの味噌煮込みうどんがもしかしたら1番好きかもしれないオキニイリ。
麺が旨いです。塩をくわえずただただひたすら踏んで鍛えて、伸ばして踏んで、それをやすませコシを出したら切り分け使う。太さや厚さが不揃いで、その不揃いが食感や味ののり方、しみ方が不揃いになり食べてたのしい仕上がりとなる。手作りだからこその味わい。
お店の外にまで出汁のおいしい香りがただよい、店に入ると赤味噌独特のコクある香りが鼻をくすぐる。カレー粉の味や香りが懐かしいカレー煮込みもおいしいんだけど、やっぱりここでは味噌煮込み。とろろを追加でトッピング。

使い込まれた蓋付き土鍋でフツフツ沸騰しながら登場。
蓋をあけると濃い味噌色にとろろの白がうつくしい。
これもここの名物の「山賊セット」というのをつける。
大きなおむすび一個と鶏の山賊焼きがついてくる。
この山賊焼きのおいしいコト。
鶏のもも肉を揚げ焼きして、焼き上がったところでタレにひたして仕上げたものなんだけど、皮を鍋肌に押し付け皮から滲み出た脂で皮をパリッと焼く。だからサクサクバリバリ、揚がった皮が砕けて食感たのしい。
肉はふっくら。食感なめらか。醤油の香りがこおばしいタレは控えめ。だから鶏肉自体の持ち味を思う存分たのしめる。レタスの葉っぱにマヨネーズ。うどんにかけた歯ざわりが整いメインをおいしくさせる。

今の季節の隠しメニュー…、カレーつけきしめんを向かい側で食べる人。ピロピロムチムチしたきしめんを氷で〆てヒヤヒヤシコシコ。それを熱々のカレーにつけて食べるというモノ。これも麺そのものがおいしいからこそ。
煮込んでもなおボクの目の前の土鍋のうどんはシコシコで、奥歯をズシッと沈めるような歯ごたえがいい。味噌のスープもしっかり染み込み、にもかかわらず小麦の旨味や風味も感じる。具材は鶏肉、かまぼこにネギ、白菜、お揚げと多彩でたっぷり。
なにより汁がしみじみ旨い。出汁の旨味と味噌の味わい。軽い渋みとすっきりとした酸味がおいしく濃い味なのにゴクゴク飲める。とろろが溶けてスープ全体をすべすべさせる。その喉越しも独特でオキニイリです。温まる。

 

関連ランキング:そば(蕎麦) | 西笠松駅

コメント

  1. 食欲

    普段は別にマヨネーズを特に好んで使う、という事はないのですが、照り焼き料理は別。お肉の種類は問わず、照り焼きなら絶対マヨネーズが欲しい。そしてできればレタスではなく、キャベツ。何でかなー、甘辛しょうゆとマヨネーズ、おいしいんだよなー。ご飯が進み過ぎて困るのですが。

    • サカキシンイチロウ サカキシンイチロウ

      食欲さん
      レタスでなくてキャベツ…、というところに強烈に親近感を覚えます。レタスはみずみずしさを通り越して水っぽさを感じることがありますよね。渋みがあっていかにも「洋風」を感じさせる。一方、キャベツは甘くてほどよくみずみずしくて繊維がとろける感じがご飯にぴったり。そこにマヨネーズとあれば、サイドの料理かメイン料理かわからなくなっちゃいますよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。