少女な夜

高松に来て母と夕食。数週間に一度のたのしみ。
今日は母があっていきなり、今日はちょっと泣いちゃったの…、って。
どうしたのって聞いたら今日はひさしぶりの人間ドック。胃カメラ飲んだり心電図をとったりと忙しくって、忙しくって…、と。
なんで泣くことがあったの?
胃カメラが痛くて泣いたりしたのって聞いたら、いやいや。私、胃カメラ飲むのは得意なの。内臓キレイでびっくりしたわ。
モニターをじっと見てたら、勇気のある人なんですねって感心された…、と。
じゃぁ、なんで泣いたの…、って聞くと昇降運動の途中で今年は息切れしたの。あぁ、年取ったって悔しくって、悔しくってと言うではないの。悔しい気持ちで泣けるというのはまだまだ若いということだよって言って慰め、ボクこそもっと励まなくちゃって思ったりした。元気でホっといたします。

食べてみたいものがあるのと、それでホテルのコーヒーショップ。食べたいものはローストビーフ丼だという。

テレビなんかでよく見るんだけど、ローストビーフが丼になるってどういうことか、試してみたいとわからないから…、と。それでたのんで試すことにする。
ボクは何にしようかと悩んでいたら、男の子は男の子らしくハンバーグになさいませな…と、有無を言わせずハンバーグ。
ソースは和風ネ。デミグラスソースはデブになるから控えなさい…、とありがたきかな、母の一言(笑)。
しばらく待ってやってきたら、親子揃って写真をパシャパシャ。母はiPhoneのカメラ使いが最近、どんどん上手くなりかつて一眼レフで撮ってた頃の経験がなんだか最近役に立ってる気がするの…、って。確かに画角、切り取り方が見事でござんす。感心す。

ローストビーフは思った以上にたっぷりご飯にのっかっていて、3分の1ほどもらってボクのご飯の上にのっける。
ローストビーフの下に温泉卵が入ってて、この白いブヨブヨのとこが嫌いなのよね…、とどかして食べる。
そういうところもボクとおんなじ。
食べものに対するいろんな好みは母から受け継いだモノ。
今更ながらしみじみ思う。

ローストビーフのソースがほんのり酸っぱくて食欲誘って母もモリモリ。ハンバーグも2人で分け合いおいしく食べる。
ハンバーグはがっしりとしたオールビーフタイプで歯ごたえたのしく、ローストビーフは熱がしっかり入っていながらシットリとした焼き上がり。ローストビーフ丼には赤出汁、切り干し大根に漬物がつき、ハンバーグにはキノコのスープ。飲んでみたらうどんの汁のような味がして、さすが讃岐ってちょっと笑った。オモシロイ。
食事を終えて別腹本格的に始動さす(笑)。たのしい話が尽きもせずそれでケーキとコーヒーを飲む。

トレーに乗せられやってきた10種類のケーキを見つめ、2人が同時に指差したのがオペラ。一つづつたのんで分けて食べましょうよ…、ともう一種類を2人で指差す。指の先にはモンブランがありましたとさ。やっぱり気が合う。
モンブランの中には砕いたアーモンドやらカシューナッツが入っててそれがコツコツ奥歯をたたく。ふっくらとしたマロンクリームやホイップクリームのなめらかな食感引き立ておいしくさせる。
オペラのカカオのスポンジの間にたっぷりピスタチオのクリーム挟み、上にはネットリ、生チョコのっかる。途中までは上から下までフォークで削って食べてたんだけど、途中で母が上の生チョコだけを食べちゃう。モンブランもクリームだけ。お行儀悪いねって言ったらだって、お腹いっぱいになっちゃうもん…、って。少女であります。雨の夜。

 

関連ランキング:カフェ・喫茶(その他) | 高松築港駅高松駅片原町駅(高松)

コメント

  1. Eiko

    いつもチャーミングなお母様ですけど、ローストビーフ丼を試してみたいってところや、iPhone使いの上達など、自分のできる範囲で新しいもの、未開のものにtryする姿勢が、とっても素敵で、今日のエピソードはチャーミングなだけでなくカッコよく見えますね~見習いたいです。

    • サカキシンイチロウ サカキシンイチロウ

      Eikoさん
      できないとは絶対に思わないようにしてるんだと言っていました。
      できないと思った途端に歳をとる。
      なんでもできるんだ。できないとしたら、やり方が間違っているだけ。あるいは誰かに助けてもらえばどんなものでも出来るはず…、ってそういう気持ちが母を若くしてくれているんだろうと思います。ボクも肝に銘じなくてはです。

  2. ボルテイモアのおかず

    偉い!(と思わず声が)
    私はお母様のお洋服にいつも感銘を受けてますが、今日のモノクロのお花も素敵だわ~。
    こんな話やどんなお話されてるんだろう、きっと「ほぼ日」に載るお話もでたかなーって、楽しく想像してしまいます。

    • サカキシンイチロウ サカキシンイチロウ

      ボルティモアのおかずさん
      今週の木曜日には、ひさしぶりに母の話をいたします。
      今も、母はいろんなコトを教えてボクを作ってくれたんだなぁ…、と昔のコトを思い出すとしみじみ感じ入ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。