小洞天の本店で、麻婆豆腐湯麺のセット

日本橋をぶらつきなが仕事する今日。昼ご飯を「小洞天」の本店にくる。
焼売が売り物の中国料理店。
有楽町や大手町にも支店があって、便利な場所に惹かれて特に有楽町のお店はよく使う。
この本店はひさしぶり。
東京駅からほどちかく、かつてはちょっとぼんやりとした路地にある。今では超高層ビルが近隣に次々できてビルの峡谷みたいな場所…、ちょっと香港ぽかったりするのがオモシロイ。
開店直後のお店であります。
まだお店の中の共通言語は中国語。マダム然としたおばさまたちが間も無く始まるランチタイムのピークに備えて準備をしてる。ワクワクします。

麻婆湯麺のセットをたのむ。
メインの麻婆湯麺にご飯。
それにここの名物の焼売が2個ついてのひと揃え。
…、なのだけど、ちょっと様子が変わっています。

麻婆麺といえば醤油スープの汁そばに麻婆豆腐がのっかりやってくるのが普通。
けれどここでは醤油スープの湯麺に麻婆豆腐が別添えでくる。
つまり「麻婆麺+ご飯+焼売」でなく、「麻婆豆腐+湯麺+ご飯+焼売」という組み合わせ。
それはすなわち「麻婆定食+湯麺定食+焼売定食」でもあるという食べ方自由な夢の料理の組み合わせでもあるというわけ。

まず汁そばの部をとズズッとひとくち。
麺はバッサリほどよき歯ごたえ。
スープは醤油の風味と塩の輪郭がはっきりとした濃いめの味わい。
上にたっぷり刻んだニラがちらかっていて、風味豊かでなかなかうまい。
ただ、これ単独でこれほど味が強いのに麻婆豆腐をのっけて食べても平気か?と、ちょっと心配になっちゃうようでもあったりする。

それから一口、麻婆豆腐。
ガツンと口を揺さぶる辛さと中華スパイスの鮮やかさ。
トゥルンとなめらかな豆腐の食感も上等で、ただぼんやりとしたどこか一味足りなさもある。
名物の焼売は歯ごたえたしかなみっちりとした肉の塊。
ムチュンと歯切れて生地がとろけて肉の食感引き立てる。生姜の香りがよき後味のオゴチソウ。

さて自由な組み合わせをたのしんでみる。
まずは湯麺に麻婆豆腐。おそるおそるほんのちょっとだけのっけてズルン。これがびっくり…、湯麺+麻婆豆腐を超えたおいしさ。麻婆豆腐の中で眠っていた辛味が目覚めて一味足りぬと感じたスープがキリッとおいしくなっていく。辛い…、けれど辛いだけじゃなく旨味も増える。しかも何も足さずに飲んだ時に感じる醤油の味の角がとれまろやかになるような気もする。オモシロイ。
ならばと今度はご飯の上に麻婆豆腐。これもおいしい。豆腐のなめらかがお米のパラリといっしょになって際立つのです。ご飯の甘みで辛味も深くなっていく。こうなるとご飯にも麺にも麻婆豆腐がほしくなり、たっぷりあった豆腐がまるで足りなくなるのがなやましいとこ。堪能しました、オキニイリ。

 

関連ランキング:中華料理 | 日本橋駅三越前駅東京駅

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。