小山駅のきそば、東京駅のセンレックトムヤム

日帰り出張の今日。仕事を終えて小山の駅。
今日は電車の乗り換えが順調でいつものようにたっぷりホームで時間があるわけじゃない…、のだけれどやっぱり蕎麦を食べておきたい。
そう思ったら階段を駈け上がる足も軽快で、在来線の上りホームの「生そば」の前にあっという間にたっていた。
先日、食べ逃した野菜コロッケも無事あって、新生姜をのっけていつものオキニイリ。
色黒、幅広の麺がのったり、これまた黒めの汁の中を泳ぐように沈んでてネギもたっぷり。ズズッとまずは汁を吸う。
濃くみえるけど案外スッキリした味わいで醤油の風味と出汁のうまさはいつもの通り。コロッケのパン粉衣がたっぷり汁を吸い込んでみるみるうちに丼の中の水位は下がる。急いでズルズル、そしてハフハフ、バリバリ新生姜を噛み砕きつつお腹に収めてニコッとしたら電車がきました。そして乗る。

 

関連ランキング:そば(蕎麦) | 小山駅

 

東京駅のJR改札と丸ノ内線改札をつなぐ通路に面したグランスタ。そこに「マンゴツリーキッチンパッタイ」という店がある。
生の麺を使ったパッタイが売り物の店。
朝食を食べに何度か来たことがあったけど、今日は夜によってみた。
やはりメインはパッタイで、エビのグリルやローストチキン、ビーフステーキなんかをのっけたちょっと贅沢なバリエーションが売りのよう。
ただ今日の気分はスープヌードル。センレックを入れて仕立てたトムヤムクンがあってそれがメインのディナーセットを選ぶことにした。
サイドを2つ選べます。ヤムウンセンやグリーンサラダ、ハーフサイズのガパオライスやグリーンカレーが並ぶ中、サラダ代わりにソムタム、駅弁チャーハンっていうを選んでひと揃え。

グリーンパパイヤを細切りにしてナンプラーや柑橘系のお酢を揉み込み仕上げたソムタム。ザクザク歯切れて奥歯で砕ける若いパパイヤの食感たのしく食欲わかす。
トムヤムクンには生のもやしとパクチー、フィッシュボールにムール貝と具材たっぷり。中でももやしのシャクシャク感とみずみずしさが、スベスベとしたセンレック。細めに仕立てた米の平打ち麺の食感引き立てスルスルお腹を潤すステキ。酸っぱく辛く、エビの香りと旨味がどっしり。口を潤す感じは独特。世界3大スープのひとつと言われるだけのことはある。体がシャキッとするおゴチソウ。

食べてみたくてしょうがなかったのが「駅弁チャーハン」。
タイの駅弁の定番のひとつなんだという料理。
ちなみにそのチャーハンの上にグリルビーフをのっけてもらってカスタマイズ。チャーハンというよりおこわのような仕上がりで、ジャスミンライスにもち米混ぜて、にんじん、しいたけなんかと一緒に炊いて仕上げてる。醤油にスープで味がきまっててしっとり。色は濃いけどやさしい味わい。オモシロイ。
テーブルの上には調味料が多彩に揃う。お酢に砂糖、赤唐辛子を砕いた粉。ナンプラーにガーリックオイル。それらを使って自分好みに仕上げてくのがたのしくもある。センレックの上に赤唐辛子、ほんのちょっとの砂糖とお酢で味ととのえてスルンスルンとお腹を満たす。ゆっくり家に帰りましょ。

 

関連ランキング:タイ料理 | 東京駅二重橋前駅大手町駅

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。