小いわし丼、安芸路酔心で食べる丁寧

新宿で昼。伊勢丹会館の「安芸路酔心」。
広島料理の専門店です。
広島に本店があり、釜飯で昔から有名。ボクの父が飲食店を四国、中国地方で経営していた頃、めざしたチェーンのひとつで、ここの釜飯の味付けや炊き方を勉強に行ったこともあるんだ…、なんて話をしてた。
ある意味、ボクら家族の舌を作った店でもあって、今でも食べるとほんわかなにやらなつかしい。
いつきても空気おだやか。和服をキリッと着こなした仲居さんたちのキビキビとしてやさしい仕事にニッコリします。夏近しというコトなのでしょう…、黒い着物に白い帯。着物の生地は紗で透け感がさわやか、軽やか、涼しげでよい。いらっしゃいませと分厚いおしぼり、お茶が届いてちょっと待つ。

注文したのは「小いわし丼」です。
足の早いカタクチイワシを生のまま使って作る丼で、イワシそのものの入荷が無いと作れぬ料理。季節によっては入荷自体が無いことがあり、春から夏にかけての今が脂がほどよくおいしい季節。入荷されることが多いけれど、それでもぼやぼやしてると売り切れちゃうこともかなりある。
瀬戸内海で今日取れて、空を飛んでやってきて今日の分を今日使ったらもうおしまい…、ってなんて潔くって贅沢な料理だろうなぁと、入荷の札を見つけると思わずふらりと寄って食べちゃう。今日もそう。小いわし丼という名前ながら丼でなくお重でやってくる。汁に漬物と三点セットで980円。

正直だなぁ…、と思います。
小鉢や副菜をつければもっと高い値段がとれるはず。
けれど、この丼をたのしみにしてくれる人は数多く、気軽な値段で提供したいとそれでほぼ丼だけで勝負する。ありがたいなと思います。

お重の蓋を開けると中はキラキラしてる。
カタクチイワシの体の色です。
皮は明るい銀色で身は明るい飴色というコントラスト豊かなキラキラ。刻んだネギがたっぷりちらかり針生姜。
手間のかかる料理です。小さなイワシの体をやさしくなでて細かな鱗をおとし、指でしごいてワタをとる。きれいに洗って臭みを流し、それを乾かし醤油に浸す。水気をしっかりとっているから、イワシはゴクゴク醤油を吸い込み、色は飴色。肉の食感もネットリしてくる。ご飯の上にきれいに並べて仕上げていく、それら一連の丁寧で入念な仕事が贅沢。

お重の角近くに箸をそっと縦に入れ、ご飯を角に押し付けながらゆっくり上に持ち上げるとご飯と一緒にイワシとネギが持ち上がる。食べるとむっちり、ご飯と一緒にイワシがとろける。小さいくせして存在感は抜群で刻んだネギのシャキシャキがイワシの食感ひきたてる。
瀬戸内海の醤油は旨い。甘みもほどよくその味わいと風味だけで味が整う。ご飯にたっぷり醤油が染み込み、イワシの脂の旨味が口に広がっていく。
ゴチソウです。鮮度と手仕事、丁寧と誠意が生み出す贅沢にウットリしながら味わい、食べる。出汁をとるため使った昆布を炊いた佃煮。刻んだ柴漬け。豆腐とわかめの味噌汁と、どれもが丁寧。そしてボクの食べて育った料理の味がたのしめるのがオキニイリ。

 

関連ランキング:郷土料理(その他) | 新宿三丁目駅新宿駅新宿西口駅

コメント

  1. Diana

    サカキさん

    野暮なことは言いたくないないですが、一言。

    お漬物は広島菜を赤紫蘇で安芸紫だと思われます。

    信州料理に野沢菜漬が付くように、
    薩摩料理につぼ漬が付くように、
    酔心では、安芸紫。

    うれしいことです。

  2. Diana

    すいません。

    訂正です。

    お漬物は広島菜を赤紫蘇で漬けた安芸紫だと思われます。

  3. タカハシケムヂ

    サカキさんの日記で知って以来憧れていた小いわし丼。先日、ようやく楽しむ事ができました。
    新鮮なカタクチイワシの何と淡白な事。
    目にも舌にもおいしいとはまさにこれかと感激しました。
    サカキさんの日記で知らなければ見逃していたお店です。教えて頂きありがとうございました。

  4. サカキシンイチロウ サカキシンイチロウ

    タカハシケムヂさん
    入荷があった日のご訪問だったのですね。本当によかった。
    こういう地味だけれどすばらしい料理が、毎年、ずっと提供され続けている。食べるたびにまた食べに来なくちゃとがんばる元気を頂戴できる。ゴチソウの力ってスゴいなぁ…、としみじみ思い知らされます。

  5. 匿名

    サカキ様、Dianaさんのコメントに気づいて!

  6. サカキシンイチロウ サカキシンイチロウ

    Dianaさん
    ごめんなさい。コメント頂いていたのに気づきませんでした。しかも安芸紫。知りませんでした。
    郷土の味が守られていることってすてきですね。今度いったら、安芸紫を食べることをたのしみにすることにいたします。

    匿名さんもありがとうございます。
    コメント欄をコメント数で判断してしまう癖があって、偶数コメントだと返事をお返ししたものとして安心してしまうので。失礼になるところでした。本当にありがとうございます。

  7. Diana

    匿名さん

    Reminder本当にありがとうございます!
    おかげで、モヤモヤがスッキリしました。

    サカキさん

    今回は『匿名』でもいいですよね。

    最近いろいろあったので、コメントする元気がなくなってしまったのかな?と心配しておりました。

    都内で常時、安芸紫を販売しているのは、広島のアンテナショップぐらいでしょうか。百貨店でも見かけたことはないです。
    ホンの漬物ですが、馴染んでいた方々はすごく嬉しい一品だと思います。

    • サカキシンイチロウ サカキシンイチロウ

      Dianaさん
      匿名さんに感謝です。
      広島の向かい側、松山で生まれて育って広島の食文化に馴染んでいたつもりですが、まだまだ知らないことがたくさんあるんですね。
      ブログを続けていくと、知らなかったということに気づかせてくれる。ありがたいことです。これからはぼんやりせぬよう気を配ります。それでもぼんやりしちゃったときには、指摘よろしくおねがいします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。