寝坊してアイスコーヒーで目をさます朝

水曜の夜、家でご飯を作って食べる。
立派な蛸の茹でた足。ほどよい量が手に入り、タコぶつにして食べることにする。
くちゃくちゃずっと噛みながら焼酎のお湯割りを飲むのが好きだった。噛めば噛むほどに甘みがでてね、芋焼酎の甘みが一層おいしくなるんだってワサビをたっぷりのっけて食べてた。
今日はワサビをボール状にしたのと一緒に食べる。奥歯でプチッとはじけてツーンっと涙を誘う。
千切りキャベツのコールスロー。千切りキャベツを塩でもみオリーブオイルであえただけ。簡単だけどとてもおいしくたっぷり食物繊維をとれるのがいいオキニイリ。今日はポテトチップスを砕いてちらし胡椒で風味をつけて味わう。食感楽しいオゴチソウ。

ワタリガニの味噌汁作った。日本酒と白だし、お湯にしょうがをたっぷり。甘い味噌をときコゴミをくわえて彩りとする。
カニが大好きだったタナカくん。今の季節はワタリガニの味噌汁をよく作ってた。食べはじめるとじっと静かに箸を動かしキレイに身をせせって食べてた。なつかしい。

伊勢うどんをゆっくり湯がく。真空パックでピチッと密封されてる。袋から出すと最初は麺と麺とがくっついていてこれが本当に一本一本、離れてうどんになってくれるのかしら…、って心配になる。たっぷりのお湯に沈めてじっくり。触らぬように沸騰もさけて適温で、静かに茹でていくと突然、パラリと麺がほぐれて浮かんでくるのがなんともたのしい。たまり醤油のタレをしずめた器にうつし、小エビと三つ葉のかき揚げをちぎって散らす。
刻み海苔をたっぷりのっけてぐるぐるかき混ぜ出来上がる。この上もなくあったかで、この上もなくやわらかく、お腹がポワンと温まるのが心地よい。

朝寝坊の朝。あんまりお腹が空いてない。グズグズしてたら午前中を何もしないで過ごしそうで、それで無理やり外に出る。
椿屋珈琲店で新聞でも読もうかなんて思ってそれでやってくる。
最近ちょっとご無沙汰でした。
1人でいるのがさみしかった去年の夏にはよくやってきた。
にぎやかすぎず、ほどよくザワザワしていて大きな空間なんだけどプライバシーを程よく感じるところがありがたかった。
朝はやっぱり静かでお店の人の歩き方とか挨拶の仕方とかものんびり優雅に見えるところがまたステキ。今日の気持ちがおだやかになる。ありがたい。
まだ2月です。まだまだ寒くはあるけれど、ここのアイスコーヒーはおいしい上にひえひえの器が好きで、今日もアイスコーヒーを選んでたのむ。

そう言えばここをこうして気にいるまで珈琲貴族エジンバラがオキニイリの店だった。今でも好きな店ではあるけどやっぱりタバコの煙がつらくて、それでしばらく行ってない。ここ1年でタバコの匂いが体に付くような機会がめっきり減ったことに今更ながらびっくりします。
さてアイスコーヒー。キンキンに冷えた真鍮製のマグカップ。軽く霜降り。手にずっしりと重さと一緒にひんやりとした中の温度が伝わってくる。口に当てると唇ひんやり。キュッとお腹が縮まる感じもオモシロイ。ミルクを注ぐとしばらく上を漂って不思議な模様ができていく。頭がじんわり目覚める感じのオゴチソウ。

 

関連ランキング:喫茶店 | 新宿駅新宿三丁目駅新宿西口駅

コメント

  1. nt

    シンイチロウ氏はうどん県の方なのに…伊勢うどんがイケルんですね。懐が深い!私は四国で育ちましたが伊勢うどんのコシの無さが苦手です。

    • サカキシンイチロウ

      ntさん
      四国と言ってもコシのあるうどんを熱烈に好むのは讃岐の人たち。
      松山育ちのボクは小さなころに硬いうどんを食べた記憶がないのです。うどんは食欲がなかったり夜食に食べるもので麺をやわらかに煮て食べるもの。
      そうそう、松山名物の鍋焼きうどんも麺はやわらか。
      さすがに伊勢うどんのやわらかさに出会ったときには、いくらなんでも柔らかすぎだろうと思いましたが、それも個性の範疇と今では好きになりました。

  2. junchan

    タコぶつにわさビーズ、映えますね。
    わさビーズ、発売当初は売り切れが続いて結局変えずじまい。今なら簡単に手に入りますね。ラー油ビーズは買ったことがあって、かなり辛くてびっくりしました。わさビーズ、買ってみます。
    ワタリガニの味噌汁、手作りだと美味しいですよね。カニは人を静かにさせますね。

    • サカキシンイチロウ

      junchanさん
      ビーズ状なので口の中でプチッと弾ける。だから辛さも香りも凝縮されたのがガツンと口の中に飛び込んでくる。
      ラー油ビーズはそうめんに散らして食べると辛さがいいアクセントになっておいしいですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。