客層変わればお店も変わる…。

夜、何を食べよう…、ってちょっと迷った。
迷った末に、ひさしぶりの「魚や一丁」。北海道出身の居酒屋で東京に進出したのが今から20年前。できたときにはかなり話題を集めたものです。
北海道がテーマのサラリーマンが気軽に飲める大衆居酒屋。けれどそういう居酒屋は競合激しく、いつしか価格競争に巻き込まれていく。それでどんどん魅力をなくして、ボクもあんまり行かなくなった。
ひさしぶりの今日。びっくりしたのが店がすっかりリニューアルされレストランのようになってた。メニューは居酒屋的なんだけど、店の雰囲気が変わっただけで客層がガラリと変わった。早い時間帯ということもあったのでしょう…、熟年世代が食事をたのしむ雰囲気がなんともステキ。今らしい。

奥のテーブルではおじさん4人が一升瓶をドンッと置きニギヤカなこと。メニューをみると若い人には少々高めの値段設定。けれど熟年世代にとっては決して高く感じぬほどよき値段。
いくつか料理をたのんでみます。わかめの唐揚げ、スルメの天ぷら。真鯛とたけのこのカルパッチョ。ホッケの塩焼きとどれもボリュームたっぷりで最近の居酒屋の料理がどんどんスモールポーションになっていく中、このボリューム感はなつかしい。
味もしっかりしています。パリパリ壊れるわかめの唐揚げは新食感。隣のおじさん、おばさまたちは大きなコロッケとだし巻き卵を取り分けながらぐいぐいビールを飲んでおかわりをする。ボクの10年、15年ほど先輩世代の人たちです。10年たったボクたちはどんなところで食事をたのしみ飲んでるんだろう…、って思ってちょっとドキドキす。

 

関連ランキング:居酒屋 | 新宿三丁目駅新宿御苑前駅新宿駅

 

それから〆に大阪王将。この前、たまたま入って感心したお店に来ます。
餃子のテイクアウトコーナーの前に明るい行灯看板。「2.5丁目の餃子」って言葉にキュンとしました。
この場所、新宿三丁目と新宿二丁目のちょうど境目。
どちらでもない。どちらでもある。その微妙なムードを「2.5丁目」って表現する。チェーン店ではあるけれど、この店だけのこういう看板を作ってしまえるゆるさというのか自由がいいなぁ…。
中に入ると今日は外国からのお客様が多くてなおさら「2.5」って感じがしてくる。
季節商品が「ロブスター炒飯」っていうのに度肝を抜かれ、たのんでみると炒飯の上にロブスターの半身がポンッと置かれてる。めでたきビジュアル。パシャリと撮った。

殻をひっくり返すと中身は空っぽ。けれど中に入ってた身がぶつ切りで炒飯の中にかなりの分量、混ざってる。ところどころに味噌の色とか卵の色が滲んでみえて、ロブスターを食べてるって感じにしみじみひたる。パラパラご飯もまた上等。
餃子はこんがり。どこと言って特徴のない餃子です。最近は冷凍餃子の進化も激しくそこそこおいしい。
けれど餃子は焼き加減。ココのパリッと焼けてて油の香りがこうばしい焼き立て餃子はひときわおいしい。堪能します。
今年はじめてお店で食べる冷やし中華がここのこれ。冷たく〆った細麺がザクザク歯切れる感じが乙。ハムやキュウリにクラゲに錦糸卵、マヨネーズ。冷やし中華に入ってほしい具材は揃っているのだけれど、錦糸卵がもっとタップリあればうれしかった…、ってわがまま思う。気分良し。

 

関連ランキング:餃子 | 新宿三丁目駅新宿御苑前駅新宿駅

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。