女子天国で、居心地悪げな「しらすくじら」

夕方、渋谷で野暮用。そのまま夕食をどこかでしようとヒカリエの中を散策。
若い女性の身の丈にあったファッションとライフスタイル雑貨を扱う店を中心に集めた商業施設。
その飲食フロアをぶらりと歩く。
混んでるお店、暇なお店が極端で人気があるのは肉系ビストロとか最近、オープンしたばかりのラクレットチーズの専門店とか、タンパク質系のお店が多い。それにしてもラクレットチーズが焼ける匂いって、とんこつラーメンのスープを炊いてるときの匂いに似てるなぁ…、って思いながらぶらりぶらりと。
「しらすくじら」ってお店を見つける。前からあったはずなんだけど、今まで気付かず素通りしてた。しかも今日はガラガラでした。博多では今とても勢いのある居酒屋で、なのにココでは申し訳ないほどに静かでビックリしちゃう。

立地選びを間違ったのでしょう…、だって、渋谷の女子が九州のピチピチの魚に興味があるようには思えないもの。こういうお店は新宿だとか新橋だとか、サラリーマンが集まる場所に作らなくちゃって思いながらもお店に入る。
最近、ひさしぶりに思えるほどにド直球の居酒屋料理が揃ってる。
小エビの唐揚げはまごうことなき小エビの唐揚げ。海鮮サラダっていうのがあって、とってみると千切りキャベツに大根のつま。イカやマグロ、サーモンをぶつ切りにしたのが一緒に混ざってて、上にぱらりとトビコがたっぷり。醤油、ごま油、お酢で作ったドレッシングを少量かけてむしゃむしゃ食べる。トビコがパリパリ、口の中で爆発するようにはぜる食感がおもしろく食欲わかす。
しらすと出汁のオムレツって料理は想像の半分ほどの大きさで、味は想像通りだったけどいささか少々ものたくなくってちょっと笑った。

牛ホルモンと野菜の炒め物。
九州らしい味付けでした。
甘い醤油でこってりと。
キャベツにもやしが焦げるくらいまで良く炒め、そこに牛ホルモンの脂が混ざってこれでもかっていうほど甘い。
プリプリ、クニュクニュしたホルモンが口の中をスベスベさせるオゴチソウ。

明太ししゃもっていうのがあって、どんなものかとたのんでみる。ししゃものお腹の中に名太鼓が入ってるんだろうか…、なんて思って食べると、ししゃも自体を明太子を漬けたタレの中に漬け込み焼いたもの。ししゃもの魚卵がプチプチはぜる感じがどこか明太子風でこれはありだな…、って感心します。

今日の魚の煮付けは鯛。かぶとの部分をどっしりとした醤油と出汁で煮込んだモノ。
オモシロイのが大根おろしがあしらわれているとこ。煮汁もサラサラでたっぷりと、あまりみたことがない姿。まるで揚げ出し豆腐を鯛の頭で再現したような不思議な料理。ココのスタイルなんだろうか…、それとも博多のかぶと煮はみんなこんな感じなのかなぁ…、って思いながらチュブチュブ食べる。
しっとりとして口の中に入れるときちきち、奥歯をひっかくような繊維のほどけ方。鯛だなぁ…、ってにっこり味わう。これだけタップリの煮汁です、豆腐やごぼうも一緒に炊いたらおいしいのになと思ったりする。

おそらくこれからも苦労をするのに違いない。博多という街は居酒屋が「自分の売りたい値段で売る」ということに関して寛容な街。だからココで料理を食べるとちょっと高く感じたりする。それが適価であったとしても、東京という街では「街のムードと業態の基準」で値段が決まってしまう。この店が「居酒屋」でなく「九州料理の専門店」だとしたらおそらくこの値段でもいいのだろうけど、特にお酒を高く感じてしまうところが勿体無い。東京の商売はげにむつかしい。勉強です。

 

関連ランキング:居酒屋 | 渋谷駅神泉駅表参道駅

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。