大阪でビフカツ、たこ焼き、海鮮焼きそば。日曜日

ちょっと人に会うことがあり大阪に寄る。
メールやチャットですませようと思えばできなくもないコトで、けれど会ってお願いしたいことがあり、それで寄り道。ついでに食事。
せっかくだからオキニイリの店にやってきてみる。梅田駅の近くにある新梅田食道街の「スエヒロ」って洋食屋さん。食事時を外してくるも、お客様は何組か。にぎやかすぎないにぎやかさがいい。
コーンポタージュをまずもらう。
それからビフカツ。どちらもテキパキしたリズムでやってくるのがありがたい。細かなパン粉がぎっしり貼り付きこんがり揚がったビフカツに、デミグラスソースがかかってサイドにスパゲッティ。ニンジングラッセ、いんげん豆とずっと変わらずこの組み合わせ。

揚げているのになんでこんなにスッキリとしたおいしさなんでしょう。肉はクチャっと潰れて肉汁じゅわり染み出し、パン粉衣のカサカサ感が引き立つおいしさ。
なによりデミグラスソースがおいしいのです。強い旨味と酸味のバランスがとてもよく、濃厚なのに後味スッキリ。芥子をちょっとのっけて食べて、残したソースをスパゲティーで拭い取りつつキレイに食べる。
本当はカニサラダを食べたかったんだけど、ママがサラダ野菜の仕込みの真っ最中で、ごめんなさいって言われて代わりのコーンポタージュ。自然な甘みとぷつぷつコーンの粒が爆ぜる食感よくて、まぁ、これもよし。両方食べて2000円で多めのお釣りが来ちゃうところもオキニイリ。

 

関連ランキング:ステーキ | 梅田駅(大阪メトロ)大阪駅梅田駅(阪急)

 

それにしても新大阪の駅のにぎわいのスゴイこと。
駅ビルの食堂街や在来線のフードコートやお土産売り場が、ワンワン唸るようなにぎやかさ。
売り場の作り方もテナントミックスもまとまりがよくて、少なくとも「商売」という点において東京駅より数段上…、って感じがするほど。

移動途中にたこ焼き食べた。
くるるという店で、待ちの行列が途切れたよいタイミング。
注文し終えてカウンターに座った途端にまた行列がはじまった。
隣には北極星。その向こうには551蓬莱の売店があり、そちらはスゴイ行列でした。
ひさしぶりに食べてみると、イートイン用の器が変わって「栄え」を狙ったものになってた。タコさんに抱きかかえられるように8個並んだたこ焼きは心なしか小さくなった。
ふっくらしていてなめらかで大きなタコが入ってる。生地そのものがおいしくて8個じゃちょっと物足りないほど。
四谷四丁目の交差点に移転開業した「らぽっぽ」と同じ会社がやってる店で、移転の前にやってた店はまだ空き家。あそこにこの店を作ってくれたら歩いて買いに行けるのに…。ハフハフパクパク、あっという間に空にする。

 

関連ランキング:たこ焼き | 新大阪駅東淀川駅西中島南方駅

 

大阪でやることやって、明日の移動に備えて移動。
新大阪の駅ビルにある551蓬莱のイートインで海鮮焼きそば。
ここもお土産売り場は大混雑。イートインのお店はすんなり入れるのだけど、残念ながら売り場行列の目当ての豚まんはイートインでは食べられない。
豚まんは買って帰って食べるもの…、って割り切るところがスゴイとこ。
ここの海鮮焼きそばは大好物。断面四角いシコシコの麺を蒸して最後はこんがりと焼く。ところどころがパリパリで、噛みごたえがあり口の中を騒々しくする。あんはなめらか。ぽってりではなく若干サラッとしていて炒めた野菜がシャキシャキ。白菜、にんじん、筍、しめじにエリンギと食感違いが歯ざわりたのしい。イカとエビの状態もよく今日も納得。さて、移動。

 

関連ランキング:肉まん・中華まん | 新大阪駅東淀川駅西中島南方駅

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。