大河原

仙台の南にある街、大河原。
「和の台所なだまん」という店で仕事を兼ねた会食。
元漁師さんがはじめたという日本料理のお店でだから魚がおいしい。
今日もまずは刺し身の盛り合わせ。
ボタンエビにホタテにつぶ貝。マスにハマチにマグロの赤身と味わいさまざま。特につぶ貝のゴリゴリ砕ける感じがおいしく、とろける感じもオゴチソウ。

麦焼酎を水割りにしてグビグビ飲みつつ話をはずます。
カキフライ。殻から外したばかりの牡蠣を使って仕上げたフライで、みずみずしいったらありゃしない。サクッと歯切れてトロンととろける。ソースやタルタルソースを使わずともそのままおいしく、海の滋養を感じる1品。

そう言えば間もなくRのつく月が終わってしまう。海がそろそろ温む季節。魚の売り場も景色をゆっくり変えていくに違いない。
牛たん食べます。魚がおいしい店にも牛たんが普通にある。しかも普通時おいしいという、やっぱりそれが本場の証。ムチュンと歯切れて口の中をみずみずしくするタンのおいしさ。南蛮味噌も自家製で、ビリビリじゃなくてピリピリ程度の辛味がおいしい。お酒が進む。
エイヒレの素揚げにつづいてイカの沖漬け。何から何まで酒のお供にピッタリで、食べては飲んで飲んでは食べて、あっという間に時間が過ぎる。

そろそろ〆と寿司がくる。
ズラリ10貫。
マグロの中トロ。
いつもマグロを触ってて、これは格別と惚れ惚れしました…、っていうマグロ。
キレイに脂のしもがふってて、見た目がまずは艶っぽい。
味わい深い桃色で、やってきたときには角がピッとたってたものが人肌のシャリの上でじんわり、脂が馴染んでエッジがとれてなめらかになる。
醤油につけるとパッと脂が醤油に広がる。
舌に乗せるとマグロ独特の鉄分帯びた香りが広がる。
マグロがたちまちとろけていきます。
旨味と一緒に軽い酸味がマグロらしさを際立たせ、脂の旨味に舌が負けそうになってしまうのをしゃりが受け止めおいしくさせる。
とろけ感が見事であります。
わさびをかなりタップリほどこし、にも関わらず辛味ではなくわさびの香りや甘みを強く感じるところも夜のゴチソウ。あっという間にお腹に収まる。満たされる。

 

関連ランキング:和食(その他) | 大河原駅

 

食事を終えて去りがたく、スナックに来てカラオケたのしむ(笑)。
秋田出身の70歳を手前というのにワカワカしくてみずみずみずしい美人ママの小さなお店で、お手製漬物がおいしいお店。
お腹が選んでお店であります(笑)。
今日はいぶりがっこにキュウリの麹漬け。新生姜とみょうがの酢漬けと食感、味わい多彩でたのしい。いぶりがっこを食べるたび、どこか日本離れした独特を感じていたけど、今日食べて、なるほどこれは燻製料理。しかも野菜を燻製するという独特の上、燻製料理の最高峰の一つだなぁ…、ってウットリします。
キンカン、苺にパイナップル。掘ったばかりのタケノコを鶏と一緒に煮込んだものとお腹喜ぶテーブルの上。グビグビハイボールが進みます。
ちなみに…。皆様からのリクエストにてちあきなおみの「赤とんぼ」を歌って夜の〆とする。

コメント

  1. mmm

    大河原の隣の角田市の出身です。
    たまにサカキさんが大河原のことをブログに書いていて
    嬉しく思っていました。
    一目千本桜はご覧になりましたか?
    こちらのお店、今度実家に帰った時に母と一緒に
    行ってみようと思います。

    ブログいつも仕事の合間に楽しみに拝見してます。

    • サカキシンイチロウ サカキシンイチロウ

      mmmさん
      実は、この日に大河原に伺うことにしたのは一目千本桜を見るためだったのですが、今年は例年より一週間ほど開花が早くなってしまったようで、満開を過ぎた桜でした。
      でもライトアップされた夜桜の圧倒的なうつくしさを今年も堪能することができました。
      今日は白石から蔵王に向かってドライブし、標高の高いところにさく満開の桜をみることができました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。