大木戸の藪。ヒリヒリ系のカレー南蛮そばもよし!

昼食を終えて家に帰ってぼんやり仕事。
おやつどきになぜだか無性にお腹がすいて、そうだ、カレー南蛮を食べに行こうと家を出る。
先日、大木戸藪で天丼セットを食べたんだ…、とブログに投稿したらそこのカレー南蛮もおいしいんですよってコメントもらった。
それからずっと食べてみたくてしょうがなく、突然の空腹を言い訳にして食べに来てみた。
カレー南蛮そばをくださいってお願いすると白い紙エプロンが用意され、しばらくお待ちくださいネ…、って。そしてまもなく料理は到着。お膳の上にメインのカレー南蛮と甘味に冷たい水の入った大きなグラス。カレー類に冷たいお水がたっぷりついてくるのはうれしい。思う存分汗をかいてくださいなって分厚いタオルのおしぼりがあるのも汗かきさんにはありがたい。

家の近所でカレー南蛮といえばずっと三丁目の尾張屋さんのカレー南蛮。
それに比べて若干黄色い。
尾張屋のは出汁の香りが強烈だけど、ここのはカレーの香りが強い。
しかもそのカレーが昔のカレーとでもいいますか…、カレーが黄色かった時代のカレーの香りをしているところにニッコリ。
汁はほどよくポッテリしていて、上にカイワレ。具材は豚肉、玉ねぎとシンプルながらとてもにぎやか。
ここの麺は緑色した太めのそばで、それがカレーに対して保護色みたいでそばまでカレーでできてるみたいな気持ちがするのがオモシロイ。
まずは汁をとひとくちゴクリ。あぁ、おいしい。出汁のおいしさというよりもカレーの味がおいしくてヒリヒリするような辛さが鮮やか。尾張屋のそれとはまるで違った味にてこれもよし。

なによりそばとの相性がよい。蕎麦というより細めのうどんのような風合い、噛みごたえの麺。だから熱々のカレーの汁に浸っていても決してヘタれず食感保っているのもたのしい。薄めの豚肉もシャキッと感を残して炊かれた玉ねぎもどれもがカレーとひとつになって喉を伝ってお腹の中へとなだれ込む。そしてずっとヒリヒリ辛くて、頭のてっぺんからじんわり汗が噴き出してくる。
舌にどんどん辛み、うま味が積み重なっておいしくなるから水を飲みたい気持ちを必死に我慢してその味を流さぬようにやがて完食。水を飲みつつ甘味を食べる。いつもの汁粉に缶詰みかんの寒天寄せ。その寒天寄せが冷たく甘くて酸っぱくて、口が落ち着きありがたい。
同じ町。丁目違いでカレー南蛮も趣向が異なる。どちらもそれぞれおいしくて、教えてくれて感謝いたします、オキニイリ。

 

関連ランキング:そば(蕎麦) | 四谷三丁目駅新宿御苑前駅曙橋駅

 

夜に家で焼き飯作る。冷凍にしておいたご飯を解凍し、ベーコンとネギをにんにくと一緒に油で炒めたところで入れてジャカジャカ。レンジまわりにご飯が飛び散るのをものともしないで炒めて合わす。味はオニオンスープの素と塩。胡椒をたっぷり。ゆったり溶いた玉子を最後に注いで炒めて出来上がり。胡麻をちらして風味をつけた。
近所の魚久さんのイカの西京漬けを焼いてお供にしました。魚久の粕漬け、西京漬けの中で一番好きなのがこのイカでほどよく水分が抜けたイカのむっちりとした噛みごたえがたまらぬゴチソウ。奉仕品には絶対まじらぬ…、だからいつも定価で買わなやいけないから気持ちが大きくなったときのオゴチソウ。水なすの漬物添えてお腹をすっきり、夏にした。

コメント

  1. わに

    早速いらっしゃったんですね。気に入っていただけて何より。

    • サカキシンイチロウ

      わにさん
      同じカレー南蛮という名前の料理でありながら、こそれぞれ個性があってそれぞれの美味しさがあることに、改めて料理の世界の深さを味わうことができました。
      ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。