大使館的みちのく料理にホテルの朝バフェ

夜、宮城県仙台の隣、富谷という町の「緒」。
最近までアメカジの店をやっていたというログハウス風の店をそのまま使った創作和食のレストラン。
シェフは大使館勤めをしていたという調理人で、季節の素材を使ったおまかせ料理が人気だという。夜はほぼ貸切営業でやっていてもいて、今日も貸し切り。座るとまずは出汁がでてきて、お茶代わり。季節の野菜の先付がつきまず刺し身。
コチにクロムツ、皮を焼ききったスズキにマグロ。タコにザトウクジラにクジラのベーコン、鰹のたたきとなかなか多彩。この界隈は鯨食の文化が昔からあるようで地方の食の豊かを感じる。
旨味を加えた自家製醤油にポン酢、わさびに生姜、薄切りにんにくといろんな食べ方をしてみたくなるたのしいひと皿。続いて焼き物。

器の上にいろんな料理がギッシリ並ぶ。
焼き物は穴子で焼いたネギを巻き焼くという一品。ネギがキュッと潰れて甘く、穴子の風味をひきたてる。
みちのく料理が謳い文句でもありつぶ貝、こんにゃく、凍み大根のおでんが一本。青森おでんのような雰囲気。
おからにだし巻き卵にめかぶ、豆腐などなど。

続いて揚げ物。小エビとネギのかき揚げです…、とやってきたのが長方形。まるでチヂミのような姿で、おそらく大使館のパーティーで食べやすいよう。しかも一度に大量に作れるようにと工夫をしていた名残でしょう。バリバリとした食感がとてもたのしくオモシロイ。

蒸し物は茶碗蒸し。あおさと白魚が入っていてしかもあんではなくて出汁がたっぷり注ぎ込まれて仕上がっている。コンソメロイヤルみたいな感じがまた面白く、皮付きの銀杏が苦味、渋みをビリリと添える。
肉料理ですと牛肉のシチューがやってきてそして〆。炊き込みご飯と汁に漬物。味わい多彩で、しかもボリュームたっぷりでほどほど満足。桜のロールケーキと桜餅の盛り合わせでお腹に蓋する。おゴチソウ。
厨房の中の仕事はご主人一人でこなす。そのため献立に工夫があって、いろいろ勉強。経験と知識と技術、そして創意工夫を感じる夜と相成った。

 

関連ランキング:割烹・小料理 | 富谷町その他

 

さて朝ご飯。いつものホテルのバフェの料理をあれやこれやと。
お皿の上にご飯を少量。スイートコーンをパラリとちらし薄切りのハムをそわせて飾る。味付け海苔を使ってご飯を巻いて食べる…、っていう趣向。レタスの葉っぱにイカをつかったさつま揚げ。ポテトサラダに梅干し添えてひと揃え。
汁ははっと汁でした。小麦粉を水で伸ばして熟成させたすいとんみたいなはっとを打ち込み出汁と醤油で仕上げた汁。大崎地方の名物らしく地方ならではの味はどこか体に染み入るおいしさがある。さてさて仕事といたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。