大きなビル見て、たこ焼き食べる、さぁ移動

g umedagranfそれにしても大阪って、なんでこんなに大きな建物が好きなんだろうって不思議に思う。
東京にも大きな建物はある。
けれど、大阪の建物は東京の大きさに比べて「とても」大きい。
特に梅田に最近できる建物たちは、不便を感じるほどに大きく、例えば駅の大屋根は一体何のためにあるんだろう?

駅の北側にあるビルなんて、その三本が二階でつながる構造で、地上を歩くとひとつひとつのビルの間に大きな道が横たわる。
その三本のビルの端から端を歩くとかなりの時間がかかり、ところが外の景色をほとんど見ないので、どこまで遠くに来たのかちょっとわからなくなる。
外を歩いてビルからビルに移動しようとするとビルを隔てる道路が大きく、横切るための横断歩道は遠くにあって、結局、ビルの中に人を閉じ込めるようにできている。
ビルは建てたけど、街を作り損なった。そんな感じがいかにも残念。もったいない。

downstairs友人のオフィスを訪ねてビルのひとつに向かう途中で、ダウンステアーズコーヒーによる。
メルセデスベンツのショールームに併設されたセルフサービスのエスプレッソバー。六本木にも同じ趣向の店があり、その数倍の大きさなのにビックリします。
この店に限らず、グランフロントの空間はやけに大きく、シンガポールのビルみたい。新興国が背伸びして作るビルに似ているなんてちょっと滑稽。
東京駅のKITTEの吹き抜けロビーでやってたgalaxyのイベントも、KITTEによく似た、けれどそれより50%増量クラスの吹き抜け空間の中ではチープに見えてしまって、かわいそう。

ダウンステアーズのマキアートはやはりおいしい。さすがな感じ。スルジーヴァの小さなボトルがあったので、スパークリングを自分に奢る。
これに初めて出会った時。20年ほど前だったかなぁ…、ペリエを振り出し、サンペリグリノ経由でこれにたどり着いた…、あぁ、世の中にはおいしいものがあるんだなぁ…、としみじみウットリした記憶。細かでやさしく、なのに確かな泡を味わい、思い出す。そろそろ仕事をいたしましょ。

 

関連ランキング:カフェ | 大阪駅梅田駅(大阪市営)梅田駅(阪急)

 

k2k1k3

そして新大阪から移動の夕方。今度の大阪はよく食べた。食べたついでに最後のたこ焼き食べておこう…、と「くくる」に寄った。
新幹線の改札口の中にもあってそこはいつも大行列。
在来線の駅舎の中に「エキマルシェ」って施設があって、そこはいつものんびりしてる。隣に串カツ。反対隣にオムライス。ちょっと向こうには豚まん屋さんと飲食店の充実具合にウットリするようなたのしい施設。

k takoyakik takoyi東京駅の駅ナカもこんな具合になればいいのに…、って思ったりする。うらやましい。
10分ほどお時間ちょうだいできますか?
聞かれて鉄板を見ると新たに焼いてる最中で、出来立て食べることができるならと、カウンターの焼き場の前に座って待った。
見事な手際で出来上がる。
上にはおかかにソース、マヨネーズ。青海苔パラリとにぎにぎしくて、箸でつまもうと力を入れるとトロリ崩れる儚い仕上がり。
口に含むとテロンとたちまちとろけて消える。
粉物じゃなくこれは出汁モノ。そう思うほど口の中が出汁で潤いウットリします。
タコがコリッと奥歯で潰れ、ネギがシャキッと歯触り作る。堪能しました、食い倒れ!

 

関連ランキング:たこ焼き | 新大阪駅東淀川駅東三国駅

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。