夜中のマックに朝のバフェ

熊本の夜は濃厚な夜。長年お世話になってきた方の喜寿のお祝いをして、その後、流れて若い人たちとビールをずっと呑んでいた。
ほとんどお腹に液体以外を入れておらず、ホテルに帰る途中で突然、マクドナルドを食べたくなった。テイクアウトで日付が変わるタイミングにてダブルチーズバーガーにえびフィレオ。フレンチフライにミルクで夜食。
飲んだあとのマクドナルドは体にしみる!(笑)。
えびフィレオはロッテリアのエビバーガーには遥かに劣る残念な味。でもダブルチーズバーガーは名作だなぁ…、粗微塵にした玉ねぎにピクルス、ケチャップ、マスタード。チープなパテもなんでこんなにおいしいんだろう…、って背徳感と引き換えに甘露な夜を堪能す。

よく寝て朝をホテルのバフェ。前夜の深夜マクドナルドにもかかわらずお腹は空いて調子良い(笑)。
まずオムレツを焼いてもらった。ハムにチーズにマッシュルーム、飴色に焼けた玉ねぎを具材に選ぶ。テフロン加工の小さなフライパンの中で卵に熱が入って、鍋を揺するたびタプンタプンを揺れながら徐々に形を作ってく。タプンをみながらお腹が更にすいてくる。
大きなお皿にオムレツ一個。ケチャップちょっとほどこして、ご飯少々。からし蓮根にサラダちくわを添えてひと皿。ここのからし蓮根はなかなかおいしく芥子がツーンっと鼻から抜ける。熊本名物のひとつのサラダちくわはココでははじめて。むっちりさっくり、中はとろとろ。

あぁ、食べ忘れたと野菜を食べる。
サラダの葉っぱをタップリと。
スライスオニオン、スイートコーンをちらして上にししゃもをのっける。
焼かれたばかりのししゃもです。
頭はカリカリ。
卵をたっぷり抱いていて、プチプチ小さく爆ぜる感じがオモシロイ。
ししゃもの塩気や旨味で野菜をシャキシャキ食べる。
体が潤う感じがおいしい。
潤うといえば、冷たい水のおいしいこと。ビールを飲んで寝たから汗で体の水気が寝ている間に揮発した。乾いた体に水が染み込む…、あぁ、生きかえるってしみじみ思う。ありがたい。

バターブレッドを賢いトースターでこんがり焼きます。サイドにパルミジャーノ・レッジャーノ。グリルベーコンをトーストの上にのっけてパクリ。
ベーコンを芯にしてくるんとトーストを丸めるようにしながら一緒に食べるとサクッと歯切れてベーコンの脂がひんやり、舌をすずしくしてくれる。バターブレッド自体がバターの香りが強く脂と脂がまじりあう、なんとごちそう。チーズを口に含んで酸味と塩の味わいくわえてニッコリ。
コーンポタージュをお供に食べて、使ったお皿を重ねて終える。打ち合わせして東に向かって移動する。

 

関連ランキング:カフェ | 通町筋駅水道町駅熊本城・市役所前駅

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。