夜のキッチンたかでオムライス

夜、近所で食事をしようと四谷三丁目。
何軒か店を覗いてみるも、どこもにぎやか。町そのものの人出は多く、どこか浮かれているようで、さてどこにするかとしばし思案。ぶらぶら歩く。
まさかあそこが空いてるはずはないよなぁ…、と思って覗いたお店に空席。
ひさしぶりの「キッチンたか」のカウンターに座ることになった次第。
おそらく町のムードが「飲んで騒ぎたい」ムードだったんでしょう。気軽にお腹いっぱいになれるお店が静かだったのかもしれません。なんかラッキー。あいかわらずいつもキレイな厨房です。
フライパンで仕上げる炒めものがメインの店です。にもかかわらず厨房の壁もダクトもピカピカしていて、鍋もピカピカ。気合を感じる。

まずビーフトマトを選んでたのむ。
牛肉、トマトに玉ねぎが渾然一体となってお皿の上にこんもり盛られてやってくる。
しっかりとした歯ごたえの肉。
崩れてとろけたトマトにクニュっとなめらかな玉ねぎがよき相性で、しかもトマトの酸味と甘みが旨い。
友人はガーリックバター味のポークソテ。
ほどよく厚い豚肉を、丁寧にしたごしらえして筋をぬき、粉をはたいてこんがりと焼く。ふっくら焼かれてやわらかで、なのにしっかり歯ごたえがある。
こんな具合に家でも焼ければいいのになぁ…、って思うもやっぱりお店で食べるべき料理なんでしょう。上手に焼けた豚肉のきめこまやかで繊細な味はビーフステーキとはまるで別物。特にご飯との相性は見事なもので、ウットリしながら味わい食べる。

お皿のかたわらにはたっぷりの千切りキャベツ。
千切りキャベツは細ければ細かいほどおいしくなるか…、というと決してそうじゃない。
例えばとんかつの付け合せのキャベツは確かに薄くて細いほうがおいしく感じる。
けれどソースをたっぷり含んだ料理のお供はザクッと歯ごたえのあるキャベツがソースに負けず、おいしい。
キャベツ自体の味や香りもたのしめて、ソースをたっぷりからめつつザクザク食べて口がスッキリしてくるステキ。

ポテトサラダもぽってりおいしい。
そのまま食べるのもおいしいけれど、これもソースに浸してシットリさせて食べるのもまた乙なもの。口の中をなめらかにする。
味噌汁がすべての料理についてくるのが「ザ・洋食屋さん」って感じでうれしい。

オムライスをお願いしました。忙しいときに注文するのはためらわれる料理でもある。一つの鍋でケチャップライスを作り、もうひとつの鍋で卵を焼く。しかもそれを鍋の上で合体させて形を整えお皿に盛ると、案外手間のかかる料理でだから今日みたいにのんびりとしたムードのときのご褒美みたいなおゴチソウ。
ハムに玉ねぎ、マッシュルームと具材はシンプル。塩でしっかり味の輪郭整ったご飯。甘いケチャップがたっぷりのっかり口の中で完成していくところがステキ。ひさしぶりのたかさんワールド。堪能しました。オキニイリ。

 

関連ランキング:ハンバーグ | 四谷三丁目駅曙橋駅四ツ谷駅

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。