夜のやんばる、朝のドトール

そしてお夜食。沖縄料理のやんばるに来る。
東京には沖縄料理のお店が結構たくさんある。けれどそのほとんどが居酒屋で、そばだけ食べるなんていう気軽な食事に向いてない。
そばにたどり着くまで泡盛飲んでのんびりするのもいいけれど、食べたいものだけテキパキ食べて、さよぉならって言える食堂みたいなお店も便利な存在。
この店。カウンターだけでオープンキッチン。ラーメン店のような作りで半分ほどの人は沖縄そばを食べにやってくる。残りの人はゴーヤチャンプルーとかフーチャンプルーをメインディッシュにした定食が目当て。それにもハーフサイズのそばがつくから沖縄そばの専門店と言ってもいいかなぁ…。沖縄そばもいろんなトッピングが選べるようになっていて、オキニイリはスパムを乗せたスパムそば。友人にそのおいしさを食べてほしくて選んでたのむ。

ボクはゴーヤチャーハンセットをたのむ。
ゴーヤチャーハンに小さなそば。
刻んだゴーヤに刻んだスパム。
みじん切りにした玉ねぎがたっぷり入って卵もたっぷり。
ご飯はパラリと焼き上がっている。
ゴーヤの苦味は鮮やかです。
そこにスパムの脂の甘みが混じる。
塩とスープで味がしっかりついてて口の中でパラパラご飯が散らかっていく。
ゴーヤチャンプルーを食べながらご飯を口に含んで噛んでるうちに、口の中ですべてが混じってひとつになってく。そんな味わい、食感があらかじめ用意された状態でお皿の上にあるステキ。

友人からスパムを二枚拝借し、紅生姜にコーレグースをくわえて食べる。
スパムはこんがり焼かれてる。
たっぷりの油であげるように焼かれたスパムの表面には小さな穴がたくさんあいてる。自分の脂が油でとけて、スパムの中まで油が忍び込んでサクッと仕上がる。スープに浸かるとその小さな穴からスープが中に入ってしっとり。スパムの油もスープに溶け出し、さっぱりとした鰹節系のスープにコクがついてくる。
太めでよじれて、粘り気のない独特の麺。スープの味はやわらかでゴクゴク飲んでお腹も満ちる。明日は月曜…、仕事の日。

 

関連ランキング:沖縄そば | 新宿西口駅新宿三丁目駅新宿駅

 

月曜の朝は家の近所のドトールコーヒー。
ハムと卵サラダのサンドイッチにアイスラテをお供に食べる。
いつものスタッフが朝からにこやか。先日、街を歩いていたら出勤前の男性スタッフと軽く会釈をしあったりして、自分のお店のようにますます感じてたのしい。
家の近所に気軽に通える飲食店があるのはステキ。
フレンチポップスがBGMにながらく使われていたのに今日は英国系の軽いポップス。ちょっとムードが違ってそれもおもしろい。
よく焼けたパンで作ったサンドイッチは、真ん中からスパっと2つに切り分けられてて、その断面もオゴチソウ。午後から雨が降るらしく、テキパキ仕事をすませましょうか…、と思ったりする。ニッコリと。

 

関連ランキング:カフェ | 四谷三丁目駅曙橋駅新宿御苑前駅

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。