夜のたかしまコーヒー店

徳島駅から3分ほども歩いたところの「たかしまコーヒー店」。
好きなお店で徳島に来るたびなるべく来ようと思って今日も来る。
いつもは朝くる。夜ははじめて。
朝も夜も同じ人が働いていて、だって家族でやっているから当たり前だと思うのだけど、その当たり前が今やとても特別なコト。
お店の上に住んでいるからなんでしょう…、生活の一部にしっかりこの店で働くことが溶け込んでいる。
生きていくことと働くことがシームレスにつながっている。昔はそういう生き方をしている人が多かった。そんな時代には「労働時間」なんて言葉や認識はなかったんだなぁ…、って思う。生きがいと仕事のやりがいが表裏一体の働き方が普通であった時代がちょっとなつかしい。

ブレンドコーヒーをもらってマグで手のひら温めながら、やさしい味わいのドリップコーヒーを飲むと気持ちがホっとする。
いつものようにハムエッグトーストを作ってもらって、夜の小腹をじんわり満たす。
グリドルの上ですべてが仕上がる。食パンを焼き、目玉焼きを焼き玉子が仕上がる寸前に薄切りハムを軽焼き。それらを積み重ねたら出来上がり。
ハンバーガーが売り物の店でもあって、当然、ハンバーガーのパテも同じグリドルの上で焼く。だからグリドルに肉の風味が染み込んでいる。
一日使い続けた夜のグリドルです。
朝より鉄板が脂をたくさん吸ってるんでしょう。そこで焼かれたトーストは風味豊かでおいしく感じる。トースターで焼くのと違ってシットリとしたパンの仕上がり。中にケチャップ、玉子に軽く塩胡椒。それで味がしっかり整い、つまんだ指もおいしい香り。徳島の夜をのんびりと…。

 

関連ランキング:コーヒー専門店 | 徳島駅阿波富田駅

 

徳島の朝。ホテルの朝のバフェにくる。
好きなバフェのひとつなんです…、贅沢じゃない。
料理の種類がたっぷりあるわけじゃないのだけれど、食べたいものが必要十分にキチンと揃う。
炊きたてご飯に熱々の汁。
ご飯をおいしくしてくれるお供さまざま。
しかも徳島名産の食材がしっかり揃ってて、旅する人のココロをくすぐるツボを見事に心得た料理揃えにいつも感心。
食欲が湧く。
ただいつもはある徳島名物のフィッシュカツが今日はおやすみ。
代わりに生のあおさを使った竹輪の磯辺揚げ。香りゆたかでこれもよし。
阿波尾鶏の唐揚げに、玉子を使っただし巻き卵。
蓮根が名産ということもあって、ひじきの煮物にもたっぷり薄切りの蓮根まじる。
シャキシャキとした歯ざわりがしっとりとしたひじきの食感を引き立て、奥歯のあたりをニギヤカにするやさしいゴチソウ。
レタスにトマト、パリパリ爆ぜる食感たのしい海藻麺と彩り豊かな朝となる。

ご飯を少量。上にたっぷり大根おろし。ちりめんじゃこをどっさりのせて、すだちを搾ってワシワシ食べる。今の季節の大根おろしは辛くて甘い。口の中をみずみずしくして、お腹をシャキッと目醒せる。
味噌汁の中にたっぷり鳴門のワカメ。刻んだネギもどっさりのせて健康的な朝をよそおう。
スベスベしながらザクザクはぎれるワカメの食感たのしいこと。ネギもシャキシャキ奥歯で歯切れ、体が芯からあったまる。
朝の〆にとトーストを焼く。ボクの好みの薄切り食パンで焦げ色つけて焼いたところにグリルドベーコン。味付け海苔と一緒に挟んでサンドイッチにして食べる。コーヒー飲んでしばしぼんやり。そして仕事といたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。