夜の〆麺、朝の麺

九州のおいしいモノで焼酎飲んで、お腹がぽっかりあったまる。〆に何かをと街を歩いた。

hasigoラーメンだなぁ…、って思って歩くと、赤坂という街には結構、個性的なラーメン店がたくさんあって、ちょっと迷う。
迷うのだけど、気持ちはすっかり担々麺に向かってて、それで「希須林」というお店を目指す。赤坂の街のどちらかといえば外れに位置するお店で、そこまでテクテク。
ところが店があるべき場所が暗いのですね。
時間はまだ9時ちょっと前。
まだまだ閉店には間があって、どうしたんだろう…、って思って近づいて行ったら暖簾もなくってもう閉まってる。
お店の中を覗いたら、中からお店の人がでてきて「申し訳ない、今日は麺が売り切れちゃった」と。そういうこともあるんだなぁ…、って。
それで再びテクテク歩いて、溜池山王のハシゴにきます。

tashigo tantanhasigo takuwan担々麺のおいしいお店。周りにほとんど何もない。首相官邸の裏側という夜になると真っ暗になる場所にポツンと明かりが灯って人招き。

ほぼ正方形のお店にカウンターだけ。だからカウンターの中はガランと大きなスペースで、テーブルだって作れそうなモノ。けれど、テーブルを作ってしまうとサービスのための人を雇わなくちゃいけなくなっちゃう。
だからカウンターだけという見事な割り切り。
お客様が来ないときに負けない商売…、だからこういう場所でも経営できる。いいなと思う。

友人はここの一番の売りの商品。排骨担々麺を選んでたのむ。
ちなみにこの店ではタンタン麺じゃなくて、ダンダンメン。担々麺を英語で書くと、Dam Dam Noodlesになるからこっちの方がインターナショナルな感じでしょうか。オモシロイ。
醤油風味がおいしいスープに、ポッテリとした胡麻やナッツの風味豊かな肉味噌が浮かんで、そこに排骨。薄切りの豚肉に衣をまとわせパリッと揚げる。ジュワッと脂がにじむたのしい噛みごたえと、最後に残るカレーの香りがポッテリスープに混じっておいしい。

hashigo suhonhashigo menサービスでご飯をつけることができ、お腹がそれほど空いてないのにたのんでしまう。
旨みと辛味で疲れた口をサッパリさせるのに、白いご飯がありがたい。
それと同時に、カウンターの上に置かれた千切りたくわん。山椒の実と切り昆布が混じってこれが味わい深く、それをコリコリ味わうためにご飯があるとありがたいから。

ボクは「ダーローサンホンメン」を選んでたのむ。
好きなんですネ…、サンホンメン。
酢紅麺と書く料理で、文字の通り酸っぱく、紅い。酸味がキリッときいていて、〆のラーメンとしてはすっきりおいしい。紅い部分は自家製ラー油と中華スパイス。辛くて酸っぱい。甘み控えめでスープの旨みがズッシリ、後口豊かにさせる。
「太い肉」と書いてダーロー。豚バラ肉をしっとり煮込んで叉焼状にしたもので、口の中でホロリとほぐれる。脂をほとんど抱いていなくて、だからバッサリ。口の中にちらかる感じはツナのオイル漬けのよう。細くてバッサリ、歯切れる麺もおいしくて、気が済みました。夜のコト。

関連ランキング:担々麺 | 溜池山王駅国会議事堂前駅赤坂駅

 

そして日曜の朝。パスタを作る。とても上等なサーディンの油漬けがあり、それをメインに塩味で。

apatオリーブオイルににんにくと赤唐辛子の風味をうつし、そこにオニオンスライスをタップリいれる。しんなりしたらサーディンを入れ、軽く潰して塩と胡椒で味整える。
細めのリングイネをそこにうつして、茹で汁を注ぎながらタプンタプンと揺すってトロミをだしながら一つにまとめてお皿に移す。
青い魚独特の濃厚な味。風味に旨み。
細めのパスタとザクザク歯切れるオニオンスライス。素朴だけれど味わい深く、健康的な味がするのがオゴチソウ。

昨日のおいしい食パンがまだ残ってて、それでトースト作ってみます。
パンにバターをタップリ塗って、そこにスライスバナナを乗せる。あとはトースター任せでこんがり焼いてく。
トースターから甘いおいしい香りがしてきて、ポポーンって明るい音と一緒にキレイに焼きあがる。バナナがとパンがとろけてまるでケーキのようになっていく。
それにしても、バターとバナナの組み合わせ。なんでこんなにおいしんだろう…、って思ったりする。日曜日。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。