塩梅ほどよいランチのあとにフレンチトースト

今日は一日、家で仕事。自分のペースで過ごせるはずが、そういうときに限って朝早くから目が覚める。
それで昼どき、お腹がすいた。気分転換を兼ねて近所で昼食にする。
塩梅っていうチェーンの居酒屋があってそこ。サラリーマンに人気の店で、今日も近所で働く人たちで半分ほどの入り。半個室のテーブル席がほとんどでこういうときには安心空間。
定食が5種類ほど。それに何種類かの丼メニュー。夜は魚が肴のメインだから海鮮丼や鰤丼、鮭といくらの海鮮親子と丼類は刺身が主役。なのに定食メニューに魚は少ない。日替わりの焼き魚定食がかれいの干物とちょっとさみしい。大体居酒屋の昼に魚関係の定食をたのむと大抵後悔する。鮭やサバの分厚い切り身の焼いたのなんかがあると迷わずたのむんだけど、カツとじ定食と鶏の竜田揚げの定食を選んで友人とわけることにした。

繊維を断ち切り細かなパン粉をぎっしりつけて揚げたカツ。パン粉カサカサ、肉はふっくらやわらかで、それが汁をすいこみなかなかおいしい。固めにネ…、ってお願いをした玉子もふっくら。何より揚げたてのカツが熱々。煮込まれてもなおサクサク歯ざわりいいのがおいしい。
竜田揚げは表面バリバリ。粉と皮が一体となりザクザク、奥歯で壊れる感じが痛快。耳の奥に響くおいしい音に食欲湧いてくる。
ご飯は十六穀米を選んでちょっと健康的を狙ってみる。パリパリのタクワン、味噌が濃いめの味噌汁もご飯がすすむよきお供。お腹がほどよく満たされる。

 

関連ランキング:居酒屋 | 四谷三丁目駅曙橋駅信濃町駅

 

そして食後にオールシーズンズコーヒー。
オープンしてまだ数ヶ月。けれどしっかりこの街になじんだようで、近所の人たちでにぎわうお店になってきた。
今日もほどよくにぎやかでした。
テーブル席に座ると目の前の窓があいていました。ちょっと寒くて上着を脱ぐのもためらわれ、けれど今の時期には換気を良くする。しょうがないなと思って我慢。
にもかかわらず冷たい飲み物をたのんでしまう。コーヒーベリーフィズっていうメニューがあってそれが気になり飲んだわけです。コーヒーの実の表面部分をシロップ漬けにしそこにトニックウォーターを注いだ飲み物。ほろ苦くって酸味さわやか。トニックウオーターの泡は細かで口の隅々に張り付き、それがプチプチ爆ぜる。口の中がスッキリしてくるおゴチソウ。

フレンチトーストをお供にしました。ここのフレンチトーストはちょっと独特。
バゲットを使って仕上げる作り方。内側のフカフカの部分にディップ液がしっかりしみこみそこはふっくら。ところが外側の部分はカリカリのまま。ザクザク壊れる食感と、ふっくらとしてしっとりとろける食感を同時にたのしむことができるの不思議なおいしさ。
バゲットの塩の風味がフレンチトーストの甘みにくっきりとした輪郭を作ってくれて、焦げた小麦の香りが奥行き。噛めば噛むほどバニラの香りが滲み出してきて口の中がおいしくなってく。アイスクリームを乗っけてパクリ。そしてコーヒーベリーフィズをゴクッ。シュワッと泡がアイスクリームと出会って舌がくすぐったくなる。よき気分転換になりました。

 

関連ランキング:コーヒー専門店 | 四谷三丁目駅曙橋駅信濃町駅

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。