坂内小法師、冷やしラーメン

いささかせわしない日曜日の昼。
チャチャッと近所で食事をしたく、ひさしぶりに「坂内食堂小法師」にくる。
喜多方ラーメンのチェーン店で、一時期、人手不足で休業してた。けれどこの界隈にこういう気軽なラーメン店は少なくて、営業再開してずっと好調。今日もにぎやかでちょっと待つ。
「冷やしラーメン」を選んでたのむ。
鶏ガラベースの醤油ラーメン。東北地方では一般的な中華そば的ラーメンスープ。それをキンキンに冷やして、氷を浮かべたところに喜多方ラーメン独特の平打の麺を泳がせたモノ。冷麺でも冷やし中華でもなく「冷やしラーメン」というのがたのしい。
冷たくしてもコクや旨みがしっかりしてる。和風味だからソーメンだとか蕎麦だとかのように感じるかというとしっかりラーメン。きれいな油がポツリポツリと浮かんでいるのが麺にまとわりついてラーメン的な風味にしているのでありましょう。オキニイリ。

ラーメンの上にはほんのすこしのネギと味付けメンマ。
炙った叉焼が別添えにしてワサビとともにやってくる。
ほんのりあったか。
舌にのせるとじんわりと脂がとろけて、口の中をひんやりさせる。
ワサビと叉焼の醤油の風味が互いを引き立ておいしくさせる。
豚の脂とワサビがまじると、ワサビまでもが甘くなってくところもたのしい。
オモシロイ。
追加で味玉トッピング。
黄身がトロリととろけてなめらか。白身はプルンとほどよき仕上がり。

それから雲呑ももらうことにした。
ココの雲呑は肉ワンタン。豚ひき肉を薄い生地で包んで茹でる。金魚のヒレのようにひらひら、熱いラーメンの中に入れると揺れてとろけてなめらかになる。今日はそれを別添えにして、冷たいラーメンスープにはなして食べることにする。

氷で冷やされたスープの中で、生地がキリッとひきしまる。なめらかさはそのままに若干芯が固まって噛むと少々ハリがでる。食べるところで食感がまるで違って、いろんな料理を一度に食べてるように感じる。オモシロイ。
それにしてもしっかりとした味わいのスープです。味がのりにくい太めの平打ち麺なのに、きちんと味がからんでおいしい。
で、途中からちょっと変わったトッピング。カリカリ玉ねぎっていう生の玉ねぎを刻んだモノで、ほどよく辛くてほどよく甘い。しかもカリカリシャクシャク食感たのしくみずみずしくて、スープと一緒にすくって食べると玉ねぎ自体の甘みがスープの味ひきたててなんとも旨い。胡椒をタップリ、最後にお酢で風味ととのえ腹満ちる。

 

関連ランキング:ラーメン | 四谷三丁目駅曙橋駅新宿御苑前駅

 

夜、家でご飯。新鮮な穴子を開いたのが売られてて、それを使って天ぷら揚げる。
一緒に茄子。
茄子はクシュッと歯切れてとろける。
穴子はネットリ、新鮮だったからでしょう…、匂いもおいしく体の中に元気が溢れて来そうなおいしさ。
昔、天ぷらは苦手と思ってめったに家では作らなかった。けれど最近の天ぷら用の粉は優秀。ちょっとバリバリした仕上がりにはなる。けれど揚げ損じがほとんどなくって重宝してる。今日もよくでき。

少量ご飯を使って炒め物。エノキを刻んでタップリいれて、それから豚肉。これも刻んで正体不明にして使う。
フライパンに少量の油。弱火でじっくり熱を通していくとエノキから旨みジュースがでてきて焼ける。エノキがパリパリになるまでに玉ねぎ刻んで、魚肉ソーセージも細かく刻みご飯と一緒にパラッと炒める。
最後に玉子を割りほぐしこんがり焼いてご飯と混ぜる。塩と胡椒と野菜のブイヨン。乾燥あおさと胡麻で風味をつけて仕上げる。ふっくらとした仕上がりで、分量以上にお腹が膨れる。

おかずをあれこれ。まずはお刺身。アジの切り身を細かく刻み、白出汁、練りゴマ、刻んだ大葉にオゴと一緒に和えて仕上げる。光魚のクセが大葉と胡麻でやさしく、おだやかになり練りゴマの味とネットリとした食感で、味がととのう。ご飯のお供。
タイラ貝の大きなのがあり、それはそのまま刺身で食べる。
ザクザク歯切れる食感と上品できめこまやかな旨みがおいしい海のご馳走。メカブを出汁と一緒にズルズル。喉をズルンと流れ落ちてくなめらか食感にウットリします。真鯛のマコと白子を炊いてハフっと食べる。夜も温度があまりさがらぬ春の予感の3月最初の日曜日。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。