地震の敵を池袋、備長のひつまぶしでとる

土曜日の昼。うなぎを食べようと、池袋の「備長」にくる。
実は今週の月曜日。岐阜に出張のついでに、名古屋で途中下車して名古屋流のうなぎを食べようと思っていたのです。
関東のうなぎと違った地焼きのうなぎ。バリバリしていて噛むと脂がジュワリと口いっぱいに広がっていく独特の味わいをひさしぶりに…、と思ってウキウキ。ところが地震で新幹線が遅れてしまってその計画はご破算となる。
で、どうにもこうにも我慢できずに、東京で名古屋流のうなぎを食べさせてくれるここをと思って予約。おいしい願いがかなう昼。
池袋のパルコという場所はカジュアル。けれどお店のムードは落ち着いていて、従業員の数も店の規模には贅沢なほど十分。優雅にしかもキビキビ仕事をしていてとても気持ちいい。

うなぎづくしのコースを食べます。骨せんべいにかにみそ豆腐がまずやってきて、ビールを抜いて口を潤す。かにみその香りと旨味が溶け込んだしっとりなめらかな卵豆腐がひんやり、食欲わかせてくれる。
こんがりやけてクシャッと潰れて口の中をほろ苦くするうなぎの肝焼き。
シャキシャキとしたキュウリの歯ごたえとお酢の酸味が甘いうなぎと好対照なうざくと続いて、それから白焼き。味醂をぬって地焼きしたバリバリのうなぎをわさびとともに白醤油に漬け食べるというもの。提供するときわざわざ「蒸さずに地焼きしたうなぎです」と一言添える。自分の脂で揚がったように仕上がるこの独特を、「変な仕上がり」と感じる人が関東には少なからずいるからなんでしょう。その「変」こそが今日の目的。堪能します。

蒸さないからこその脂のおいしさ。
炭の強火と遠赤効果でうなぎの芯まで焼ききれいているからこその風味豊かと香ばしさ。ふっくらとして口の中でとろけるようなお江戸のうなぎもおいしいけれど、噛みしめながら味わうバリバリの地焼きのうなぎもまた旨い。
そのバリバリうなぎを細く切り分け、野菜サラダの上にのっけた「うなサラ」はここの名物。葉っぱ野菜と脂を焼ききったベーコンが相性いいように地焼きのうなぎだからこそのこの相性にウットリします。葉っぱはシャキッとみずみずしくてそこにうなぎがザクッと潰れて脂をにじます。
甘みの強いタレをまとった蒲焼のこうばしいこと。その蒲焼を刻んで味わう名古屋名物のひつまぶしが今日のメインでやってくる。丸いお櫃に茶碗に吸い物。奈良漬、浅漬け、刻んで晒したネギにわさびに刻み海苔。熱々の出汁が並んでひと揃え。

まずはそのままうなぎとご飯を一緒に味わう。硬めのご飯と一緒にうなぎがクシュッと潰れる。甘辛いタレとうなぎの脂や旨味が口の中を満たすシアワセ。うなぎを食べてる…、って実感が湧く。
そこに晒したネギとわさびをのっけて食べる。ネギのシャキシャキした食感とみずみずしさがうなぎの旨味や脂の味わいを引き立て一層おいしくなってく。海苔を加えて出汁を注いでサラサラすると、おどろくほどにさっぱりとした味わいでお腹の中があったかくなる。
一部が削れて平べったくなる不思議な形のしゃもじのおかげで、お櫃の中のご飯やうなぎをきれいに茶碗によそおえるのもなんだかうれしく、器は空っぽ。食後の〆にと柚子シャーベットで口をスッキリさせておしまい。気がすみました…、オキニイリ。

 

関連ランキング:うなぎ | 池袋駅東池袋駅都電雑司ケ谷駅

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。