土曜の夜と日曜の夜のイエゴハン

土曜日の夜、家でご飯を作って食べる。まずいちご煮をつかって土鍋ご飯を作る。
八戸名物のもてなし料理。ウニとアワビをふんだんに使った吸い物で、その缶詰を買ってきて、それとお米をあわせて炊くだけ。
ウニとアワビの旨みが溶け込み、ほんの少しの塩と醤油で味と風味を整えただけ。磯の香りと旨みがギッシリ溶け込んで、土鍋が蒸気を吐き出すたびにおいしい匂いが漂ってくる。
ウニと薄切りアワビがご飯に混じって炊ける。蒸らし終わっておひつに移し、三つ葉をたっぷり。緑の香りが海の香りを引き立てる。缶詰の中身以外は使ってないのに、なんとおいしい。今日の夕食がもしこれだけだったとしても十分、満足できるじゃないか…、って思ったりする。

ご飯のお供にあれやこれやと。
アオサを混ぜて仕上げた刺身こんにゃくがあり、それを斜めにそぎ切り食べる。
わさび醤油や酢味噌、あるいは胡麻ダレと調味料をいくつか並べて味を変えつつ食べていく。
ムチムチとした食感に口の中がひんやりとするさわやかさ。
しかもアオサの香りがこんにゃく独特の匂いを消して、食べやすいのもありがたし。
歳をとるとこういう料理がおいしくなります。
安売りしてた天狗納豆。
香りやさしくちょっと渋くて口の中がとろけるおいしさ。

冷凍で売ってた浅草麦とろの味付けとろろを解凍し、炊き込みご飯にかけて食べるとなおおいしい。イガイガとした山芋独特の後口が、体の疲れをとってっくれるのがたのしくズルズル。滋養を感じるオゴチソウ。

料理もいくつか作っておいた。凍らせといたすき焼き用の松阪肉を使って肉じゃが。皮付きのままのじゃがいもに玉ねぎ、しらたき、それから板麩を入れてクツクツ。松阪牛から出た旨み、甘みが素材全部をおいしくさせる。中でも板麩のおいしいコト。トロンとなめらか、口一杯が潤っていく。
レタスにパプリカ、水なす、山芋、セロリをみんなざく切りにして、モッツアレラチーズとツナ缶、オリーブオイルに塩で味整える。スプーンですくって食べるサラダで、野菜がモリモリ食べられるのがアリガタイ。板麩を使った茶碗蒸し。そこにすりおろした山芋入れてトゥルトゥルなめらかをたのしんだ。よき夜のコト…、オゴチソウ。

そして日曜。イエゴハン。ナポリタンとカレーを作る。

ステンレスの楕円形した器を買いそれでどうにもナポリタンを作りたくってまず作る。
太めのスパゲティーをよく茹でて、茹でたらしばらく休ませる。
休ませてる間に具材。にんにくとベーコン炒めてそこに玉ねぎ。ピーマン、魚肉ソーセージを炒めて一旦、器に取り出す。
炒めたフライパンにスパゲティーを入れ乾煎りをしたところにケチャップ。ケチャップに熱が入るようよく炒め最後に具材をあわせて仕上げ。パセリを刻んで散らして食べる。
甘いケチャップ味がおいしくて、なによりステンレスの器が洋食屋さんとか喫茶店的。懐かしくっておいしさ引き立つ。冷蔵庫の中の牛肉、野菜を綺麗さっぱり処理したくバーミキュラのライスポットで無水調理。いろんな具材の味がひとつに混じり合い、ポッテリおいしい。ゴチソウ。

レタスの葉っぱをざく切りにしてオリーブオイルと塩をほどこしよく混ぜ冷やす。冷蔵庫の中で1時間ほど冷やしておくと葉っぱがしんなり。コールスローのようになる。アボカド、トマト、コンテチーズをきざんでのっけよく混ぜスプーンでパクパク食べる。体がしっとり潤うおいしさ。
豆腐の大葉を刻んでたっぷり。健康的を味わうたのしむ。
カレーのお供にとまい泉のヒレかつかって薄切りにする。スプーンですくって食べられる上、カレーとのからみもよくってたのしめる。大きなエビのフライもゴチソウ。お腹が満ちた。風呂はいる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。