回転寿司にエスプレッソマキアート

回転寿司に長い間いってなかった。…、そんな気がして回転寿司。
新宿の回転寿司で一番よく行くのが沼津港。でも今日はいつもと違った店をと、もうひとつのオキニイリ。「桜すし」を選んで来る。
西武新宿駅の前という歌舞伎町の中では外れ。でもわかりやすくて便利な場所にある店で店の造りが変わってる。
ショーケースのあるカウンターがありそこがメインの板場となって、そこをぐるりと取り囲むようにベルトが走ってる。お店の中に寿司の屋台が突っ込んだ…、そんな感じがオモシロイ店。しかもベルトが他のお店に比べて少々高い場所にあり、食べるカウンターとベルトの間に空間がある。寿司をたのむとその隙間から、ニューっと手が出て寿司をのっけたお皿が登場。ちょっとビックリ、オモシロイ。

回転寿司と言えどもお店、お店で得意不得意。
シャリの状態やネタの切りつけ方も異なる。
ここのシャリは酸味が少々強みで、脂ののったネタとの相性がとても良い。
わさびが器に入ってベルトの上を流れてくるのは、インバウンドの人たちがわさびを好んで食べるからでしょう。
インターナショナルな感じがたのしい。

まずは貝。
大きく分厚いホタテの柱。
赤貝の身に紐が一貫づつ。
それから青柳。
どれもほどよき状態で、特に赤貝の昆布を思い出させるネットリ粘る感じや旨味が上等。
ズワイの足はかっちりとした筋肉質で塩の風味が味わい深い。口の中で繊維がほぐれてシャリと混じってとろけてく。

ウニは甘くて香りが強い。分厚い穴子の切り身をこんがり焼いてのっけたにぎりのなんともおいしいこと。強い脂がジュワリと染み出し、口を濡らしてシャリととろける。軽い渋みのツメもおいしく、ウットリします。オキニイリ。

ちなみにココが得意なのが脂ののった魚の数々。例えば今日のブリのおいしいコト。香り強烈。ザクッと歯切れて最初はゴリッと奥歯を叩く。噛んでるうちに脂が口の温度になじんでとろけてネットリ。最後に酸味を残して消える。冬だなぁ…、こういう魚がおいしい季節になりました。
本マグロのトロもここの得意のネタ。ここのシャリが若干酸味が強めなのも脂をおいしく食べるため。
最後にコハダをもらって〆る。酸っぱいシャリに合わせるようにコハダの〆酢はほのかに甘く、シャリと一緒になってはじめておいしくなっていく。お腹も満ちる。日曜日。

 

関連ランキング:回転寿司 | 新宿西口駅西武新宿駅新宿駅

 

寿司を食べると熱いものを飲みたくなる。特に脂ののったネタを食べると口の中に脂がペトっと貼り付く感じになってしまう。何か熱くて口をスッキリさせるものをなにかと思ってエスプレッソマキアートを飲むことにした。
新宿南口のセガフレード・ザネッティ。小さなお店で席のほとんどが喫煙席。奥の2テーブルだけが禁煙席でそこに座った。
そしたら貼り紙。「こちらの2卓は禁煙席です」の文字の下に「ご協力をお願いいたします」とも書いてある。
そのご協力って一体、どういうことなんだろうとしばし思案。たった2卓分しか禁煙席を用意できない不都合にご協力くださいと言っているのか、それともここは禁煙席だからタバコを吸わずにご協力くださいと言っているのか。どちらにしてもかなりのおとぼけ。
日本のお店は誤りすぎたりお願いしすぎたり、言い過ぎたりとビクビクしててかわいそう…、って思ったりした。エスプレッソは一流で、だからなおさらもったいないなと思う午後。

 

関連ランキング:カフェ | 新宿駅南新宿駅代々木駅

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。