回転寿司からカレー南蛮、かき揚丼にコロッケつけて

新宿で打ち合わせの合間にテキパキ、小腹満たしをと友人と2人で回転寿司の「沼津港」。
営業開始からまだ時間のたっていないタイミングで、お客様はまだまだ少ない。目の前に流れる寿司はどれも握りたててみずみずしくて、職人さんもほぼひとりじめ。手もみしながら貝を4種類、にぎってもらう。

ほっきにつぶ貝、赤貝とどれも活きてたものという。ホッキはちょっとやせていました。ただ強い旨味とミネラル分を感じる軽い渋みは健在でなかなかうまい。
ゴリゴリ砕けてとろけてきえていくつぶ貝に、弾力のあるプルンと感に昆布のような旨味濃密な赤貝もよし。

ただ最近ご無沙汰だったホタテの柱のおいしいこと。
舌にずっしり重みを感じ、噛むとざくっと歯切れつつねっとり歯茎にからみつく。
肉感的で濃厚で、ひんやりとしてしかもおいしい。
なにより口を満たす圧倒的な存在感にうっとりしました。

それから流れてくるものを中心にあれやこれやと。
サーモンの漬けという、普通ならば選ばぬものがおいしげで、試しに食べてみるとひんやりねっとり。
いい感じ。
そのまま食べると独特の匂いの脂が強すぎてあんまり好きじゃないのだけれど、醤油に漬けるとほどよく馴れておいしく感じる。身質も若干ひきしまり食べやすくなる…、オモシロイ。
歯ごたえと脂がおいしいカンパチ、ネットリとろける生の白いか。今の季節のイカは甘い!

子持ち昆布があってサクサクポロポロたのしみ、コハダをペロリ。カニ味噌の軍艦巻きがあって、カニ味噌半分カニのほぐし身が半分という構造。全部が味噌だとこってりしすぎ、ほどよき感じにニッコリします。さて、仕事。

 

関連ランキング:回転寿司 | 新宿三丁目駅新宿駅新宿西口駅

 

仕事を終えて小腹がすいた。おやつの時間にそばにする。
新宿駅の南口近くの気軽なセルフの蕎麦屋さん、「かのや」を選ぶ。
いつもは関西風の出汁で作ってもらう熱々の蕎麦を食べるのだけど、今日はカレー南蛮蕎麦にした。
券売機のボタンに大きく「特製カレー南蛮」と書かれてて、その「特製」が気になった。
たのんでみると、たしかにこれがかなり上等。
ひとつひとつ手鍋に出汁をはって薄切りのしゃぶしゃぶ用の豚バラ肉をクツクツ煮込む。一緒にネギ。ほどよく熱が入ったところでカレーを注いで蕎麦にポッテリかけまわす。
ちょっとザラっとした喉越しの濃厚カレーで辛さに旨味、酸味のバランスがよくて、しかも出汁の風味も壊さない。無造作に蕎麦をたぐって持ち上げると必ず一枚は豚肉が持ち上がって口の中へとやってくるのも特製感をひきたてる。

蕎麦にぱらりと一味をたっぷり。カレー自体の辛味はドッシリ、後から後から追いかけてくる重たさがあり、一方、一味唐辛子はビリっと舌をつねる尖った辛味があって、その両方を一緒に味わう。オモシロイ。
ちなみに小さなかき揚げ丼とコロッケをたのんでお供にして食べました。
かき揚げでなくかき揚げ丼なのはかき揚げに甘辛の丼ツユが染み込んで、それをカレー南蛮そばの上にのせると甘みや油がコクになってくれるから。ご飯の上のタレまみれになったかき揚げをカレー南蛮の上にのっけて、代わりにコロッケをご飯の上においてカレーを注いでパクリ。普通のカレーと違って出汁で伸ばされサラサラのカレースープがコロッケにしみなんとおいしい。満たされる。

 

関連ランキング:立ち食いそば | 新宿駅新宿三丁目駅新宿西口駅

コメント

  1. 薬局の末息子

    おやつ… どうぞご自愛ください。

    • サカキシンイチロウ サカキシンイチロウ

      薬局の末息子さん
      食欲の秋が過ぎているかと我ながら反省しました(笑)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。