四谷三丁目の小さな香港「新記」にて夜

夜、ひさしぶりに近所の「新記」。香港料理の専門店。
四谷三丁目の交差点の角にあります。
これといった商業施設があるでなし、大型のオフィスビルがあるわけでもないとぼけた感じののどかな街で、だから夜になると都心なのに暗くなる。
けれど角にあるこのビルだけはちょっとギラギラ。カラオケボックスがあり、叙々苑があり、地下には食べ放題で有名な焼肉、しゃぶしゃぶの店があったりと飲食店がぎっしり集まる昭和な感じの古いビル。その2階にあって、いつも賑わう店なんだけど今日は不思議とノーゲスト。街のリズムのようなものがあるんでしょうネ…、表通りにも人が少なく、お店の人には悪いけどお店をしばし独り占め。

今日の目当ては香港麺。汁なしの和え麺が無性に食べたくやってきた。
極細。なのに歯ごたえがしっかりとしてザクザク歯切れて、口の中で散らかる感じが独特な麺。茹でたものにタレをからめただけ。なのに味がしっかり麺にのって口の中へと飛び込む。オイスターソースの旨味や風味に脂のコクが混じって口を潤すおいしさ。
エビワンタンも上等です。ブリブリとしたエビがゴロゴロ包まれて、薄い生地から透けてピンクに染まる姿も艶っぽい。スベスベ生地が口のすみずみ撫でまわし、喉をピロンとかけおりていく。ハーフサイズの排骨飯をお供にもらって一緒に食べる。豚の脂とトーチの風味。ご飯にタレが染み込んでお米の粒がスベスベすべる。豚の脂もムチュンとなめらか。食すすむ。

3品選んで1000円という小皿料理が30種類ほど。
そこからいつも必ず選ぶ料理はふたつ。
一つはエビの揚げ雲呑。
茹でるとスルンとなめらかになる雲呑の生地。
揚げるとサクサク、口の中で壊れてちらかる儚き食感。
エビのムッチリ感も一層強くなり、甘さも引き立つ。
もう一種類は大根餅。
ムチムチしていて、スッキリとろける。餅ではあるけど粘りはなくてブルンブルンと震えて消える。

さてもう一種類。
レタスの湯引きにしようか、海南鶏もいいよなぁ…、とメニューをみるもそこに鶏の唐揚げみつけてどうにもこうにもそれが気になる。
食べないと後悔するのが唐揚げですからして、たのんで食べる。中華スパイスがタップリきいた唐揚げなのに中国料理って感じがたのしい。酒すすむ。

食事の途中で一組、そしてまた一組とお客様がやってくる。やはりお店はニギヤカな方がたのしいもので料理もおいしく感じる不思議。けれど彼らがやってくる前にボクらの料理に手を付け作ってくれてた。だからたのんだすべての料理があれよあれよという間に出てきて、テーブルの上はとてもニギヤカ。
自分で料理を作るときって、一つ、そしてまたひとつって時間差で出来ていくからあっという間に料理が揃う痛快感はお外ご飯の醍醐味のひとつ。
野菜を食べなきゃと花ニラともやし、油揚げの炒め物。スープで炒めてさっぱりしていて、野菜の旨みが染み込んだ油揚げがなんとも旨い。黒酢の酢豚でエナジーチャージ。お腹が満ちてニッコリとする。明日は出張、早くねよ。

 

関連ランキング:飲茶・点心 | 四谷三丁目駅曙橋駅信濃町駅

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。