四谷三丁目の小さな香港、新記で夕食

夜を近所の「新記」でのんびり。
四谷三丁目の交差点の角にあるビル。叙々苑があり、しゃぶしゃぶの店あり鉄板焼きの店もあり。カラオケボックスまで入ってる外観、ちょっとギラギラしているカオスな感じがあるビルの二階という場所。
正式名称が「香港麺新記」というように、香港料理がメインの店のロケーションとしては案外ピッタリ…、じゃないかと思う。
この街に引っ越してきてずっと通い続けてて、しかもお店の人がかわらない。だからなんだか「ボクの店」って感じさえするオキニイリ。
まずはプーアール茶をポットでもらう。差し湯を貰えば何杯もたのしめるのがオトクなサービス。けれど料理が次々届くと、やっぱりビール…、って注文し直す。金曜日だもん、しょうがない、

それにしても香港的なムードがたのしい。
サービスをしている人も香港系の人。
厨房の中は広東語飛び交うまるごと香港。
料理が無造作に並びどんどん賑やかになってく食卓も香港の食堂的でワクワクします。

30品ほど用意されてる小皿料理。
好きなものを3皿選んで1000円というお得な料理。しかもどれもがビールの肴にぴったりでいつもここではまずたのむ。
今日のチョイスはまず海南島。
鶏胸肉を蒸して切り分け、ネギ油と塩で下味つけたところに唐辛子味噌をのっけて食べる。キチキチ、奥歯でほぐれてとろける鶏胸肉の食感が好き。
必ずたのむのが大根餅。好きで好きでしょうがない料理でこのしっとりにこの旨味。この大根餅だけでお腹を満たしてみたい…、って小さな野望をずっともってる(笑)。エビのすり身に角切りにした食パンまとわせ揚げたのは、カリカリムチュンと食感たのしい。五香粉と山椒を混ぜた塩で食べると、口の中が一気に香港。オキニイリ。

料理を3つ。野菜をやっぱり食べなくちゃネ…、ってニラともやしの炒めもの。
どこにでもある食材で、しかも決して高いものじゃない。なのになんでこんなにおいしい料理ができるの?って感心するほどおいしくウットリ。片栗粉でとろみをつけたスープで炒めて、だから素材の旨味がしっかりとどまりおいしく仕上がる。シャキシャキとした歯ざわりたのしく口も潤う。
牛肉と野菜をスパイスくわえた醤油で炒めた料理は香りがまさに香港。スープをもみこみ下味つけた牛肉はプルプルクチャっととてもなめらか。小さなコウイカに衣をつけてサクッと揚げた唐揚げもスパイス塩と一緒に味わう。サクサクプルプル、今日は食感たのしい料理が続きます。

豚バラ肉を豆豉と一緒に蒸した排骨。ご飯の上にのっけて一緒に食べる丼。
豚の脂ってなんでこんなにおいしいんだろう…、ってウットリします。
豚肉がのってたところのご飯がツヤツヤ。
口の中で滑るように転がり消えていくのがステキ。

〆に海老ワンタンの香港麺。
極細で、ザクザク歯切れる麺が独特。スープは鶏ガラスープをベースにほんの少しのオイスターソース。塩でしっかり味が整い、中に大きな海老ワンタン。薄皮の生地につつまれ中のエビのすり身が透けてみえるほど。口の含むとプチュンと歯切れ、エビの旨味と香りが広がる。生地はプルンと舌の上をすべるようになめらかで、香港麺の食感したたか引き立てる。お腹あったか、満たされる。

 

関連ランキング:飲茶・点心 | 四谷三丁目駅曙橋駅信濃町駅

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。