四谷の木蘭、上等中華

木蘭で夜。家の近所の気軽な中国料理のお店。
けれど料理はかなり上等。町中華というよりも、しっかりとした中国料理のお店の料理。けれど店の設えはどこかスナックみたいな感じで、最初来たときはそのアンバランスにビックリした。ただいつ来ても同じように料理がおいしく、ホールでサービスをするダンディーなおじさんの気配りもすばらしいいいお店。
今日もいつものように紹興酒。お供にあれこれ。いつもたのむのが春雨サラダ。ホツホツもそもそした春雨に千切りキュウリのシャキシャキやハムのむっちり、錦糸卵のふっくら感が混じって口がニギヤカになる。八角の香りエキゾチックなキュウリの醤油漬け。イカのすり身団子は3つ一人前のとこ、二人で分けられるようにと4つにしてもらう。熱々、ムチュンと歯切れて粘る食感にイカの旨味に気持ちがあがる。

ここの名物のひとつがひき肉辛味そば。
甘辛に煮込んだ豚のひき肉に刻んだネギが、醤油スープの上にたっぷりのっかっている。
挽肉は豚の脂で軽くとろみがついていて、ネギはシャキシャキ。
見た目は担々麺のように見える。
けれど辛味はほのかで、鶏ガラスープの旨味がしみじみおいしいやさしいスープ。

麺は極細。軽く縮れて硬い茹で上がり。だからザクッと歯切れて口の中で散らかるたのしさ。しかも食べているうちにネギの風味や味がスープにまじりはじめて、甘さをどんどんましていく。麺を味わうというよりもスープをたのしむためにすべてが出来上がっている。スープを口に運ぶれんげを持つ手がとまらぬゴチソウ。オキニイリ。

それからかに玉。ここで必ずたのむオキニイリ。お皿いっぱいにふっくら盛られた卵焼き。中にたっぷりのカニのほぐし身。どのくらいたっぷりかというと卵の中にカニが混ざっているというよりも、カニとカニを卵がつないでいる感じ。
ふっくら、しっとり。カニ以外は刻んだネギとしめじにしいたけ。けれどそれらもカニの味や風味、食感を邪魔せぬ程度という上等さ。ご飯の上にのっけて食べる。ウットリです。
鶏肉とキャベツを味噌と一緒に炒めた料理をお供に、夜のお腹をたのしく満たす。オキニイリ。

 

関連ランキング:中華料理 | 新宿御苑前駅四谷三丁目駅曙橋駅

 

明けて水曜。西新宿で朝の仕事。ドトールコーヒーでホットドッグを食べる。
否…、ドトールのホットドッグはホットドッグではなくジャーマンドッグ。バゲットでもなくドッグロールでもない独特な食感、歯ごたえのパンで挟んだソーセージ。
昔から調味料は粒マスタードだけ。当初は本当にハイカラだった。
パンがちょっとバサバサするように感じた今朝。唾液の分泌が減ったのか、あるいはパンが痩せたのか。どちらにしても唾液を奪うちょっとツワモノ。
梅グリーンティーという季節の飲み物をあわせて食べる。去年も同じような飲み物があった。苦味の強い冷たい緑茶にはちみつを合わせた確か飲み物で緑茶の風味が引き立つ、甘いのにスッキリとした涼しい飲み口だったのに今年のこれは梅の風味が強すぎてあんまり涼しく感じない。組み合わせってオモシロイ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。