四谷のハシヤのスパゲティーのながい

日曜の昼。おいしい和風スパゲティーの店が四谷にある…、って言われて調べた。
「スパゲティーのながい」っていうお店がその店。
やってきてみる。
しんみち通りっていう飲食店が並ぶ通りのビルの二階。4階建てなのにエレベーターなしの昔のビルの中で、けれどお店はきれい。にこやかなおじさん2人が「いらっしゃいませ」と笑顔で出迎え。気持ちいい店。
隅々みると、あぁ、「ハシヤ」さんでいた人だなぁ…、って思ってきます。
メニューの内容。厨房の中に置かれた大きな釜の傍らにざるが置かれて、それで茹で上げ麺をすくって使う。
テーブルサイドに置かれた器にチーズにオレガノ、カイエンペッパー。どれもがハシヤと同じでニッコリ。おいしい予感がただよってくる。

たのんだメニューはふたつです。
ひとつはミートソース。ツナと納豆をトッピングする。
茹でた麺にツナのオイル漬けをあわせたものにミートソース、上からよく混ぜ糸を切った納豆タップリ。納豆の匂いは不思議なほどに感じぬよき組み合わせ。
もう一種類は、イカとたらことウニのスパゲティー。刻んだ大葉を追加でトッピング。海苔がぱらりとちらかっている。
麺は細めです。ハシヤに代表される和風スパゲティーの店にくらべて細くて硬い。スベスベしていて、噛みごたえのよいアルデンテ。量も若干控えめで、モリモリ食べて腹いっぱいって感じじゃないのが、ちとおしゃれ。

味は上等。おとなしめ。たらこもウニもほどよい味で、ちょっとひと味足りないくらい。
そこで粉チーズとかオレガノ、カイエンペパーを使って味を好みにします。粉チーズは塩の風味と旨味で味がふくらんでくる。カイエンペパーの突き刺すような辛さはたらこを明太子味にしてくれる。
中でもオレガノの高架は絶大。ちょっとぼやけた味や風味がいきなりアメリカのリトゥルイタリーあたりのレストランで食べるパスタの味にさせるのがオモシロイ。
それにしてもミートソースと絡んだ納豆のなめらかにして味わい深くおいしいことにはうっとりします。ただパスタにからんだ納豆が、口に運ぶ寸前にしてトゥルンとたれて落ちてしまう。それをスプーンですくってパクリ。オゴチソウなり、オキニイリ。

 

関連ランキング:パスタ | 四ツ谷駅四谷三丁目駅麹町駅

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。