四条富小路麺屋虎杖有楽町カレーえび天担々麺

仕事が有楽町でひと段落して、それでランチを交通会館。
有楽町の駅前広場に面した古い商業ビルで、地下には個性的なレストランがギッシリ集まる。ほとんどチェーンではないココにしかない店で、しかも長続きしているというのが、東京の都心にあって稀有な空間。
個性的でおいしい長崎ちゃんぽんの店があって、ひさしぶりに行ってみようときてみたら…。
なんと閉店。カレー担々麺の店になっておりました。おじぃちゃんとおばぁちゃんでやってた店で、続けることができなくなってしまったんだなぁ…、ってしんみり。せっかくだからカレー担々麺を食べてみようと思って入る。

「虎杖」という店名がちょっと気になったのです。
築地の場外に魚がおいしい居酒屋や海鮮丼の店を何軒も経営していて、その1店舗がカレーうどんがおいしい店。
結構、人気がありました。
そのうち築地を飛び出して赤坂、日本橋、軽井沢。
挙げ句の果ては京都にまでお店を出すような企業グループになっちゃった。
ちなみにこの店の正式名称が「四条富小路麺屋虎杖有楽町」。
京都の四条富小路に「ITADORI四条富小路上ル」という同じカレー担々麺のお店を出してて、それでこんな店名にした。
大体、中身が薄い店に限って、コッテリとした仰々しい店名をつけたくなるもの。

メニューはよぉく考えられてる。
カレー担々麺とカレーライスの二本立て。どちらもトッピングが選べるスタイルで、トッピングはどちらも共通。どちらがメインか?というと、担々麺の方が売りのようで、麺のサイドのご飯物。肉飯だったりステーキ丼が充実している。チェーン店化がしやすそうではありますなぁ…。
トッピングは牛すじ、豚しゃぶ、赤身のステーキと日本的なる肉類と排骨、それからエビの天ぷら。エビの天ぷらを選んでたのむ。

口の小さなぽってりとした上品な鉢。
丼の縁に添うように青梗菜が一枚貼られ、それを借景として山盛りのネギ。
辛味噌で炒めた鶏の挽き肉にエビの天ぷらが6尾ほど。
結構大きく、予想以上にたっぷりエビが入っているのにはちょっとビックリ。
ただエビそのものは加水し過ぎで、ブリブリ。
断面、透き通っておりました(笑)。

スープはぽってり、濃厚で案外おいしい。
しっかりとした旨味の上にカレーの風味。赤唐辛子の辛味がビリリとあとをひく。
スープ自体の味は果たして何味なのかわからぬほどにカレー的にて、上手いなぁ…、って感心します。
好き嫌いがはっきりとするラーメンという土俵にたたず、変わったカレーの食べ方を提案することで広い客層をとろうとしている。
カレー自体はこれといって特徴はなく、軽い酸味が後味キリッとひきしめる、ゴクゴク飲めるタイプのカレー。極細の麺とからんでなかなか旨い。

カレー用のスパイスが用意されてて、使うと香りがエキゾチックに変わってく。辛味が加わるかというとそうではなくて、風味が変わる。
食べてくうちにパリッとしていた天ぷらの衣がスープを吸ってぽってり。濡れてくる。濡れると重たくなるのでしょう…、スルンとエビから剥げ落ちてスープの上に漂っていく。天ぷらとしてはかなり情けない姿になるけど、スープの浮身として考えると、これがなかなかおいしくて悪くないな…、と思ったりする。
それにしても新業態を作るということ。今の時代では何かと何かを組み合わせ融合させることが一番無難。例えば「カレー」と「担々麺」。大きな市場のカレーによって、小さな市場の担々麺が「ちょっと大きな市場」に出ていくきっかけをもらったようなこういう商売。
旨くて上手い。けれどそれが本当においしい商売になってくれるかどうかはちょっとわからぬ感じ。難しいなぁ…、と思う午後。

 

関連ランキング:ラーメン | 有楽町駅銀座一丁目駅銀座駅

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。