四ツ谷の嘉賓の牡蠣そばに粥、食後にはロン

四谷でランチ。嘉賓を選ぶ。
広東料理の老舗と言われ、ココならではの料理はおいしい。
けれど日本の中国料理店の宿命とでもいいますか、エビチリや青椒肉絲、麻婆豆腐のような広東料理らしからぬ料理も揃う。それらがないと叱るお客様がいるのでしょうネ。つまり「お客様が食べたいという料理」と「お店の人が売りたい料理」が混在していて、お店の人が食べてほしいと自信をもって勧める料理だけを選んで食べれば、来てよかった!と満足できる。
昼のメニューも多彩に揃う。でも食べるべきは牛肉とトマトの卵炒め定食か、牡蠣あえそばとお粥のセット。後者を選んで待ちました。それにしてもお店の向かい側で進んでる再開発の規模の大きなことにはビックリ。窓の景色も記憶のそれとはまるで違ってそわそわしちゃう。

さて今日のランチの「牡蠣あえそばとお粥」のセット。
牡蠣あえそばはココの昔からの名物料理。
夜にくるときも目当てはこのそば。
具材は刻んだネギが少々。それ以外は麺だけという不思議な料理。
極細のストレート麺。蒸して歯ごたえザクザクさせて、ネギを油で熱したところに牡蠣の風味のソースを注ぐ。それであえれば出来上がり。

油でツヤツヤした麺がもっさり口にやってくる。牡蠣の香りと小麦の匂いにまずむせる。噛むとバッサリ歯切れて散らかる。粘らずただただちらかって食感軽やか、なのに味わいドッシリで食べはじめると止まらぬゴチソウ。真似て何度も作ってみたけどこんな風には一度もできない。プロの味。

砕けたお米が日本のお粥とまるで違った仕上がりの粥。鶏ガラスープの旨味がしっかり溶け込んだお米のスープがポタージュのよう。水分多めでサラサラしてて、レンゲで口に運ぶとスルンと口を潤す。潤しながらホツホツコツコツ、砕けがお米の粒が舌をくすぐりながら消えていく。味わい濃厚。なのにさっぱり。しかも熱々、温まる。
中にタップリエビが具材で入ってる。小さいながらしっかりとした歯ざわりの健康的なエビで、カタクリまとわせスベスベぽってり。胡椒をタップリ散らして味わう。全部きれいにお腹におさめ、〆のデザート、杏仁豆腐。スベスベとした寒天風の豆腐がなんだかなつかしく、満足します。オキニイリ。

 

関連ランキング:広東料理 | 四ツ谷駅四谷三丁目駅麹町駅

 

移動で駅に向かう途中に食後のお茶。「コーヒーロン」という店に来る。
昔は朝食時間帯からやっていた。今の開店は11時。
おかぁさんに「朝はやめたの?」って聞くと「無理せず長く続けるために11時からにしたんです」って。
悪くない。
ミルクを入れると酸味が甘みに変わるコーヒー。
昔ながらのコーヒーカップにミルクのピッチャー。灰皿に散らした使ったコーヒー豆に分厚いおしぼり、氷タップリのお水のグラス。砂糖を入れた容器もピカピカ。なによりお店のムードがステキ。
外は明るくまだ昼なのにお店の中は夕暮れ時のような影がなんだか心地よい。ずっと長く続きますよう、ボクも無理せず通います。

 

関連ランキング:喫茶店 | 四ツ谷駅麹町駅四谷三丁目駅

コメント

  1. 食欲

    サカキさんのブログに度々登場している牡蠣そば。豪華なお食事もいいですが、こういうもう絶対家では再現できないお料理に心動かされます。絶対おいしいやつやん!とのどを鳴らしながら写真につっこんでおります。
    プロが作る卵とおねぎだけのチャーハンとか、少しの火の通し方とか、塩加減で味がガラッと変わってしまうような料理って魅力的ですよね。そういうお店を何店かお持ちのサカキさんが、うらやましいです。

    • サカキシンイチロウ サカキシンイチロウ

      食欲さん
      中国料理って素材が普通で、調理方法がシンプルであればあるほどおいしいように感じますよね。
      この牡蠣そば。おっしゃるネギだけチャーハン、あるいは油をたっぷり飲み込ませるようにして作った卵焼き。どうやったらこんなふうに作れるんだろう…、と不思議に思いながらたべちゃいますネ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。