喫茶店日和の今日

ドトールコーヒーで朝。
サンドイッチをたのんで食べる。
ずっとココの朝の定番サンドイッチが、卵サラダとハムとトマトとレタスが具材。
トーストブレッドで挟んで仕上げたモノで、かつてはどこの店でもザクッと半分に切りお皿に乗せて提供してた。
ところが今では切らずにそのまま、紙でくるんで出す店ほとんど。
食べれば同じことかもしれず、けれど包丁で2つに切るか、切らぬかが「料理」と「食品」の境目だろうとボクは思う。だからやっぱりお店で提供するときは、切ってほしいなぁ…、ってしみじみ思う。
で、いつものお店はずっとこうして2つに切ってくれる店。

アイスカフェラテと一緒にたのむ。
ちなみに、アイスラテをくださいっていうとアイスカフェラテですね?と聞かれる。ボクにとってラテといえばエスプレッソを使ったラテ。だけど今や黒糖ラテがあったり抹茶ラテがあったり、豆乳ラテがあったりとラテもさまざま。だからカフェラテって言わなきゃいけない。オモシロイ。
それにしても今日も暑くて、しかも湿気が強いからでしょう。カフェラテを注いだグラスに小さな水滴がびっしりついて、グラスを手にした手のひらがグッショリ濡れてヒヤッとします。

サンドイッチのパンはカサカサ。
もともと粗目に焼けてるパンで、焼くと水分が抜けて小さな穴がたっぷりできて食感軽く仕上がる。
塩味おいしく、前歯がくすぐったくなる焦げた感じがボク好み。
卵サラダがポッテリと、乾いたパンに混じってとろける。

レタスはシャキシャキ。
トマトがクチュっと潰れて口の中を甘酸っぱくさせ、舌を潤す。
食べるところでハムサンドみたいになったり、たまごサンドになったりと食感。
味がうつろうところがまたオモシロイ。

それもそのうち具材がほとんどなくなって、レタスとトマトだけになっちゃう。ハムサンドから始まって、たまごサンドを経由し最後に野菜サンドになってくたのしさ。アイスカフェラテをグビリと飲み干し、さてさて仕事にまいりましょう。

今日は喫茶店に縁のある日。仕事の合間にお茶をたのしむ。
何しろ神保町というエリアです。昭和喫茶のメッカのひとつ。個性的なお店が沢山あるから「お茶のはしご」がたのしくできる。まずは「さぼうる」。
トーテムポールが建てられた不思議な外観。中に入るとひんやり暗く、煉瓦造りのどっしりとした空間に、小さなテーブルがズラリと並ぶ。低い天井。中地下、中二階と立体的な店の作りが秘密基地のような感じで不思議と落ち着く。全席喫煙。煙天国というのも界隈らしくて昭和。

ここが好きな理由が、すべてにおいてのんびりしていること。
商品を作るのものんびり。
サービスものんびり。
お店の空気が全般的にのんびりで、だから商品を提供し終えて一言添える「ごゆっくり」という言葉に説得力がある。
せわしないお店の人から、ゆっくりしてってて言われると、むしろ早く帰れと言われているような気がして落ち着かなかったりすることがある。

世の中には言葉と行動が裏腹なコトが多くあり、飲食業においてそれらほとんど全てが「お客様の満足と店の利益」の間に溢れた本音なんだと思ったりする。

バナナジュースをもらって飲みます。
しゃりしゃり、氷が上にたっぷり浮かんだジュース。
バナナとミルク、たっぷりの氷をジューサーで砕いて作るジュースで、砂糖やバニラエッセンスのようなものを加えず作っているのでやさしい。一口目にはちょっと物足りなさを感じるんだけど、飲んでるうちにどんどんおいしくなってくる。
体もスキッと、汗も引きます。オキニイリ。

 

関連ランキング:喫茶店 | 神保町駅竹橋駅九段下駅

 

そしてもう1軒。ミロンガ・ヌオーバ。
ロケーションがまずステキ。
車も通らぬ、通行人すらすれ違うときには譲り合わなきゃいけないほどの小さな路地。ラドリオ、ミロンガと昭和喫茶が軒を並べる昭和な景色。
アルゼンチンタンゴのレコードの音が流れる優雅な空間。
この界隈の昭和喫茶には珍しく、禁煙席と喫煙席がしっかり分かれているのもうれしい。
座ると一旦目を閉じて、音と空気に体をなじませたくなるような、ドア一枚で隔てられた日常から切り離されたような隠れ家っぽさがボクは好き。
マグにたっぷり濃い目に落としたコーヒーを入れ、シナモンスティックとシナモンパウダー。一飲みごとに体がポカポカ温まる。仕事をしましょう…、ニッコリと。

 

関連ランキング:コーヒー専門店 | 神保町駅新御茶ノ水駅小川町駅

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。