味噌煮込みうどんまで甘くなるってT_T

打ち合わせを終え、時間がぽっかり。
名古屋方面にはよくくるけれど、ひさしぶりの名古屋です。
味噌煮込みうどんを食べておこうと、山本屋本店に来る。駅前地下街の中の店。
もう何十年もの付き合いです。その間に店が何度か改装されて、値段も微妙に根上がり続け、けれどメニューの基本は変わらず。
まずおかわり自由の漬物がくる。さらし玉ねぎときゅうりに白菜。季節によっては大根になったり、カブがあったりとそれがたのしみで来たりする。漬物にかける白醤油がまたおいしくて、酒のあてになるのもたのしい。大昔は味噌煮込みうどんに玉子を入れるか、かしわを入れるか。あるいはサイズを一人前半の「イチハン」にするかくらいしかメニューがなかった。それらを選びたいていご飯を添えてお膳がひと揃え。

今ではずいぶんメニューが増えて、鶏の代わりに黒豚や、きつねにネギ、ニラに玉子となかなかニギヤカ。
エビの天ぷらを選んでたのむ。
サイズは普通の大きさで、ご飯だけはつけてたのしむ。
蓋してグツグツしながら届く。
蓋を開けるとエビの天ぷらがドーンっとなかなかの存在感。いつもは最初に落としてももらう玉子をなにも言わずにそのまま。だから白身も黄身の生の状態。麺を引き出し玉子の上にかぶせて熱で温める。自分の好みの加減で今日は食べてやろうと思ったわけです。そして一口、汁をすすった。
あぁ、いけません。ここの汁まで甘くなった。自然な甘みがあるけれど八丁味噌に独特の強い甘みと渋みがあってこそのこれ。ところが渋みがずいぶん減って酸味もか弱く、代わりにペットリとした甘みが先に舌にのっかる。

ゴリゴリとした硬い麺。それに酸味と渋みゆたかな汁が染み込み口の中ではじめて甘くなっていくのがおいしかったのに、最初からおいしいようでは子供のおやつ。とうとうここもネ…、ってがっかりします。
ちなみに海老の天ぷらは立派でした。エビもがっしりたくましく、衣がとろける感じはおいしい。ご飯の上にのっけて味噌エビ天丼みたいな感じでハフっと食べる。ほどよきところで引き上げた玉子も黄身がとろりとろけてご飯にまじる。
惜しむらくは、やっぱり汁がかつての汁のようであったればどれほどこれがおいしかったか。
いろいろ昔と違うところを感じます。例えば漬物も昔はおねだりせずとも「いかがですか」とやってきた。今ではすっかりほったらかしです。
へんてこりんな硬いうどんに好き嫌いはあったれど、ここほど世話焼きがありがたくもてなされてるって気持ちになれたうどん屋は日本ひろしといえども少なく、だから高い値段もよしとしていたけれど、そろそろ潮目でございましょう。

 

関連ランキング:うどん | 名古屋駅名鉄名古屋駅近鉄名古屋駅

 

次の時間までちょっとぼんやり。ディーンアンドデルーカに来た。
名古屋駅の東側。
そこだけまるで六本木みたいなエリア…、というかビルがあり、その地下の店。
ディーンアンドデルーカの中でも気持ちよくてのびのびしていて、スタッフさんも明るさ際立つよいお店。
季節の飲み物。レモンライムフラッペを飲む。
氷にレモン、シロップいれてジャジャっとかき混ぜフラッペ上にしたものに、ライムの皮を削ってちらす。飲むとライムの皮の苦味がピリッと大人のアクセント。甘く、酸っぱく、冷たくおいしい。
コーヒーカウンターの上にたくさんのケーキやデニッシュ、ペストリー。おいしそうだなぁ…と思ってじっと見つめる。味噌煮込みうどんを食べてなかったら、あれを一個たべられたのにとちょっと悔しい、おやつ時。

 

関連ランキング:カフェ | 名鉄名古屋駅近鉄名古屋駅名古屋駅

コメント

  1. めるば

    最近の「甘くなった料理」のブログエントリーについ反応してしまいます(^_^;)
    今度は山本屋ですか…仕事柄名古屋にはよく行くのですが、私にとっては正直何を食べようか1番困る土地なのです。来月も行くので、どこで食べるか今から作戦練らないとですwww

    • サカキシンイチロウ サカキシンイチロウ

      めるばさん
      同じ地下街、エスカの中のきしめんの「よしだ」さんあたりなら、昔ながらの名古屋飯をたのしめるんじゃないかと思いました。
      名古屋の料理は頑丈で、頑固。
      だから滅多のことでは変わらないと思っていたのですけれど、それほど日本の人の食の志向は変わってしまったということなのかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。