よしだのカツカレーきしめん、千寿の天むす

名古屋駅の駅前地下街。エスカで移動の前の夕食をとる。
ひさしぶりの「きしめんよしだ」。
吉田麺業っていう製麺所が経営しているきしめんの専門店。
店の近所には味噌煮込みうどんの山本屋本店があって、そこもここもにぎわっている。
きしめんといえば透き通った汁に沈んで、鰹節や天ぷらがのっかっているもの…、と思い込んでいるとしたたかびっくりさせられる。
あんかけだったり、煮込みがあったりとめくるめくようなきしめんワールドが待っているでございます。茹でたきしめんの上に八宝菜をたっぷりかけた「八宝きしめん」にしようか、カツカレーをのっけた「カツカレーきしめん」にしようか悩んで、カツカレーきしめんにすることにした。

はじめて注文したときには、どんな料理なんだろう…、って思って待った。
やってきたのをみて、あまりに見た目がカツカレーなのにびっくり。
平皿にきしめん。
上からカレー。とんかつが別皿で添えられている。
きしめんがきしめんでなく、白米だったらカツ別添えのカツカレーのようにしか見えないほどにカツカレー。
カレーの横にはゆで卵。福神漬けがのっけられててカレー自体はちょっとサラサラ。具材はたっぷりの牛肉に玉ねぎ、出汁の風味がしっかりしていて味の第一印象は甘くてやさしい。けれどあとから辛味が次々おしよせてくる。結構大人味カレー。

麺との絡みがいいのにびっくり。しっかり混ぜて麺の表面がカレー色になったところですすり上げると、口の中がカレーで満ちる。きしめんならではのもっちりとして歯切れ良い麺の食感がカレーにぴったり。口の中がみずみずしくなる感じも独特。
きしめんじゃなくちゃ、こうはいかないんだろうなぁ…、うどんだと麺がもっと主張するんだろうし、蕎麦だと麺がカレーまみれになっちゃって麺の食感をたのしめなくなる。カレーと麺が対等になる薄さ、ほどよきやわらかさがきしめんにあったということなんでしょう。
カツはほどよきおいしいカツで、カレーと馴染んでまた旨い。一味をたっぷりかけてたのしむ。堪能しました、名古屋のゴチソウ。さぁ、移動。

 

関連ランキング:そば・うどん・麺類(その他) | 名古屋駅名鉄名古屋駅近鉄名古屋駅

 

博多に向かって移動です。ちょっとした長丁場。旅のお供があるといいなぁ…、とそれで千寿本店の天むすにした。
天むすの元祖と言われる老舗です。日本料理店のまかないからはじまって今では名古屋名物とまでいわれるようになった。天むすにきゃらぶきをつけたのも、ストールを巻いたような独特の海苔の巻き方をするようになったのもここがはじまり。
有名で言えば地雷也の天むすなのだろうけど、地雷也のはピリ辛の醤油だれがおいしく、ここのは塩で味が整う。刺激はないけど、ご飯や天ぷらの油の風味を一層強く味わえてくせになる味。ただこれを食べると赤だしを飲みたくなるのが玉に瑕(笑)。

 

関連ランキング:おにぎり | 名古屋駅名鉄名古屋駅近鉄名古屋駅

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。