合作社の豆花。クロワッサンにはたけのペースト

新宿のビックロの裏側あたりに「合作社」ってお店ができた。
デザインワークが行き届いた看板、メニューボードにインテリア。台湾の軽食や甘味類が多彩に揃う。なんだか気になりお店に入る。
台湾出身のご主人が、おばあちゃんの時代のレシピで料理を作っているんだという。
そう言えばこの場所はタピオカミルク屋さんが入っていた店。外から見ると間口が狭くて小さく見える。ところが中に入ると奥が深くて大きくて、厨房スペースが充実していることにびっくり。
まだ開業して間がなくて、商品も絞り込まれて基本的なものだけ注文可能だという。喉とお腹を涼しくしようと「豆花」をたのむ。ベーシックなオリジナル豆花にオーギョーチーと緑豆をトッピングした。

お店の中のカウンターで待っていると3分ほどでおまたせしましたと料理が届く。
「合作社」って日本の学校にある購買部みたいな場所らしくアルミのトレイがどこか学校給食みたいな感じでたのしい。
ボウルの中に豆腐と黒糖シロップ。プルプルのオーギョーチーに茹でた緑豆がたっぷり。上に凍らせた黒糖シロップを削ってたっぷりのっけてる。かき氷のようにつめたくシャリシャリで、なのに豆腐はふっくらやわらか。プルプルの愛玉子のゼリーにホツホツ壊れる豆と、口の中がにぎやかになるオゴチソウ。
徐々に氷がとけて器の中の温度も上がる。やさしい甘みがなんともゴチソウ。次はジーパイを食べに来ようかって思った、かなりのオキニイリ。

 

関連ランキング:台湾料理 | 新宿駅新宿三丁目駅新宿西口駅

 

先週末にエディアールのクロワッサンをサンドイッチにして朝食べた。
そしたら「私はトロワグロのクロワッサンでした」ってFacebookにコメントもらって、そう言えばトロワグロのクロワッサンもおいしいよなぁ…、ってそれで買っちゃった。
ドルチェグストでカフェラテ作って、おやつに食べる。
冷蔵庫の中にはオキニイリのストロベリージャム。
それがなんとエディアールので、好きなクロワッサンブランドの共演みたいになりました。
ちょっと緩めの仕上がりのジャム。
イチゴの粒が残って香りも味もイチゴそのもの。
トロワグロのクロワッサンはパリパリサクサクしていながら、バターの香りよりも焼けた小麦の香りが強いさっぱり仕上げ。
そのさっぱり感がジャムの風味を引き立てて、おやつに食べるのにすごくピッタリ。ホイップバターやヌテラなんかも合うんだろうなぁ…、体に悪いことこの上ないけどおいしいんだからしょうがない(笑)。

新宿中村屋の物販コーナーで「はたけのペースト」っていうのを発見。
鎌倉のアナンって会社が作ってるカレーペーストで、科学的な肥料や農薬を使わず育てた野菜を使って仕込んでる。人参の甘みに長ネギ、生姜の香り。それにアナンさんが得意なスパイスをふんだんに加えているからもうそれだけで十分おいしい。
ドライカレーに仕立ててみようと鶏ひき肉と刻んだマッシュルームに玉ねぎをご飯と一緒に炒めたところにくわえて味を整えた。
もうおいしくってしょうがなくって「辛いけど旨い」「どっしりしているのに後味すっきり」という不思議な味わいにウットリしました。
ホタテを炒めて卵でふっくらとじて作った卵焼きをおかずにハフハフ。オキニイリ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。