博多のKITTE「はかた天乃」で夜の定食

博多に到着。KITTEを覗く。
郵便局のあった場所を再開発してできたビルの商業施設。
東京駅の駅前にもKITTEがあって、そこの郵便局のビル。
日本全国、どこもここもおんなじようになってしまうのがいいコトなのか、どうなのか…。
マルイがメインテナントで、飲食施設が上の方と下の方にギッシリ集まる。
大体こういうビルの上層階にあるレストランは、どこも同じような顔ぶれでオモシロクない。
足元のフロアは街の特徴、あるいはビルの性格を反映したたのしい施設であることが多くてそれで地下をぶらぶら。

エスカレーターを降りるといきなり野菜カレーのキャンプがあって、もう見飽きたなぁ…、ってぼんやり思う。けれどそれ以外の店は例えば鶏皮焼きの店であったり、博多らしさをもったお店が揃ってて、そういうお店は早い時間から混んでいるのにホッとしたりする。

気になるお店を試してみます。
「はかた天乃」というお店。中洲にずっと店を構える魚のおいしい割烹料理屋のカジュアルバージョン。
板前さんがニコニコしながら料理を作る、面構えのいいオープンキッチン。
黒板メニューには魅力的な単品メニューがズラリと並び、けれど「夜の定食」メニューがかなり充実。酒を楽しむこともできるけれど、酒を飲むことを押し付けられたところがステキ。
夜の定食を選んでたのむ。厨房の中の仕事は昔ながらで妙に仕組み化されてはいない。だから一度に注文が入るとちょっとモタモタします。忙しくなっても手間を惜しまず基本に忠実、すべきことをしっかりするからちょっと時間がかかったりする。それもよし。

ご飯に汁。小鉢に漬物、茶碗蒸しが並んだお膳がまずやってきて、それからメインの料理の木箱。
今日のメインは鶏の唐揚げを選んでみます。
一口大に切り分けられた鶏がガリッと揚がってる。
サイドにサラダ。
それからも一つ、銀鱈の西京焼きを単品でとる。
分厚く、しっかり脂の乗った銀鱈に串をさして皮目もこんがり焼いて仕上げた西京焼きの色艶キレイで、こんがりとした焼き色にウットリします。
焼いた魚のかたわらには出汁と醤油を含ませてきっちり搾った大根おろしがたっぷりと。レモンも添えて見た目がまずはオゴチソウ。口に含むと焦げた味噌と脂の香りが鼻から抜けて、噛むと脂がジュワリととろける。ご飯をねだる力強い味…、ウットリします。

それにしても鶏の唐揚げのおいしいコト。
皮の一部を肉から外して、粉をきっちりはたいて揚げる。
だから皮がバリバリに。
まるでポテトチップスとか春巻きの皮のような感じで揚がってて、そこがバリリと砕けて口に散らかっていく。
味はしっかり。肉の芯まで入ってて、若干硬め。噛めば噛むほど味が中から滲み出してくるような感じがするのがいい感じ。

サイドの料理も見事です。小鉢の切り干し大根はしっとり煮られて柚子の香りがよきアクセント。茶碗蒸しにはねり梅のせて、口をさっぱりしてくれる。
カチッと炊けた上等ご飯。汁の出汁もしっかりしていて、何をとってもいかにも上等。いいなぁ…、この店。こういう店が家の近所にあればいいのに。お腹がほどよく満たされて、気持ちがたっぷり満たされる。いいなと思った…、オキニイリ。

 

関連ランキング:割烹・小料理 | 博多駅祇園駅

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。