南九州の山の中、伊勢海老の昼、伊勢海老の夜

熊本を出て南に走る。
熊本、鹿児島、宮崎の県境が集まるエリアを行ったり来たり。
えびのの町で昼食をとる。
山間の盆地の店です。にもかかわらず中に入ると大きないけすがどーんっとあって、魚が泳いで待っている。
ずっと山の中を走ってきたのに、扉一つで海辺の店に飛んできた…、って感じがたのしい。
飲食店のドアは日常と非日常をつなぐどこでもドアのような機能を持ってる。田舎と都会を、今と昔を、時に国境を軽々と超えお店が用意した特別な空間にいざなう瞬間転送装置のような役割を発揮できるお店はステキ。そんなステキににっこりします。

伊勢海老のおいしくなっていくシーズンです。
いけすの中から活きた元気な伊勢海老を取り出しそれをメインに仕立てた昼の膳。
伊勢海老の殻の中に刺身が並び、長い触覚をゆっくり動かす姿に少々哀れを感じる。
ごめんなさいね…、と思いつつ、おいしく食べてあげるからねと成仏願って一切れ、パクリ。

ブリンと歯ごたえたくましく、ネットリとろけて強い甘味でうっとりさせる。魚の刺身もブリブリ歯ごたえ力強くて、活け〆魚独特の食感楽しくニッコリします。

魚のあら炊き、天ぷら、もずく酢、茶碗蒸し。
料理さまざまなでご飯が足りなくなるようなにぎわい。中でもあら炊きがおいしく骨までチュブチュブしゃぶる。いけすの魚をさばいた後の、ついさっきまで生きてた魚のあらを味わうって、なんて贅沢なんだろう…、としみじみ思ってまたにっこり。
ついさっきまで動いてた頭は一旦、厨房に戻って汁になってめでたくもどってきます。頭の中に箸を突っ込み引っかき回して味噌までしゃぶる。なんて残酷なんだろうと思うもおいしいんだからしょうがない。

 

関連ランキング:うどん | 京町温泉駅

 

仕事をしながら移動して人吉の町。
熊本と鹿児島の境にある町。盆地の町。
ここにも大きないけすが置かれているので有名な「ほうらい茶屋」というお店があって、そこでたのしいミーティング。
まず刺し身の盛り合わせを作りましょう…、とやってきたのが主役が伊勢海老の盛り合わせ!マグロに鯛にハマチと魚はどれもぶりぶり。甘い九州の醤油がおいしく感じる刺し身。
残った頭はこれまた汁に変身し、米焼酎の水割りがおいしくお腹に収まっていく。長い夜です、歌もたっぷり歌います(笑)。

 

関連ランキング:居酒屋 | 人吉駅人吉温泉駅

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。