南九州で魚とラーメン…、未来の話

宮崎県のえびのに移動。十兵衛という店で地域の経営者さんたちと食べて飲む。
もともとうどん屋さんでスタートし、生簀を作って魚料理がおいしい店として町の人たちの人気者になり、土地をほってみたら温泉がでていつのまにか旅館までも作ってた…、という田舎ならではのゴキゲンな店。
今夜はそこの旅館にみんな泊まって時間を共にしましょう。
とそれで落ち着き料理をたのしむ。
ついさっきまでいけすで泳いでたアジをさばいて、お酒のお供にして食べる。ゴリゴリ歯ごたえたくましく、脂がジワリと口に広がる。実は近所に餃子のおいしい店がある。一緒に酒を飲む予定の人のお店でわがままいって行剤を焼いてきてもらう。

薄い皮。
焦げたところはパリパリで、プルンとなめらか。
皮から緑の色が透けてる。
中身はほとんどがキャベツやネギ。
肉を使わず脂の風味でまるで肉を食べてるような風味があって、あんそのものの食感はトロンとなめらか。
他では食べることができないオゴチソウ。
ビールが旨い。

白身の魚の幽庵焼き。
サザエのつぼ焼き。
マグロの赤身とハマチの刺身と海の幸三昧。
ちなみにココは南九州のほぼ真ん中にある高原の町。海水をタンクにたくわえたトラックで西に東に、南に北に九州という島を取り囲む海を巡って魚を調達。運んでいけすで活かして使う。
そう考えれば島の真ん中という場所は、いろんな海にいける自由な場所だというコト。オモシロイ。
農薬をまったく使わぬ玉ねぎをスライスしたのは甘くてシャキシャキみずみずしくて、晒してないのに苦味や辛味がまるでない。肉を鉄板でこんがり焼いて脂の補給。
人と人とがふれあうことで成立している飲食店の、これからあるべき人と人とのつながり方や、世代交代の話なんかをしながら気づけば夜中前。

この店の創業のきっかけになったうどんを夜食に食べて寝る。細めでなめらか。讃岐うどんなんかとまるで違ったやわらかな麺。お腹がポカッとあったかく安眠さそうやさしい味わい。
目覚めて朝食。ご飯をおいしくしてくれる飯泥棒がズラリとならぶおかずのカゴ。ご飯は小さな羽釜で炊きたてのモノ。それもお店の人たちがこの店のために育てたお米で、ただそれだけで十分おいしい。貝汁お供にお腹が満ちる。
またお目にかかりましょうねとみんな、それぞれ目的の場所に向かって移動する。

 

関連ランキング:うどん | 京町温泉駅

 

えびのから北に向かって小一時間。高速道路の移動で人吉という町に到着。
郊外に「龍風」というラーメン店があって昼。
厨房の中の作業も含めて、ほぼ女性だけで運営している元気なお店。
一番の推し。
ラーメンと半チャーハンに餃子の定食を選んで食べる。
ラーメンは熊本風で、どっしりとした豚骨スープに醤油のコクをくわえて整え、最後にマー油の風味をくわえる。動物の香りがガツンとお腹の入り口を叩く力強さにお腹がなります。
麺は細めのストレート。シャキシャキさせたもやしがたっぷり。コリコリきくらげにむっちりとしたチャーシューと食べていくのがたのしい一品。パラパラのチャーハン。カリッと焼けた餃子とどれもほどよくて、お腹も満ちます。また移動。

 

関連ランキング:ラーメン | 一武駅

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。