労研饅頭、北欧館

rokenmantoおやつに松山のお菓子をひとつ。
お菓子と言えばいいのかどうか、いささかちょっと不思議なお菓子。
お店の名前は「労研饅頭てらうち」という。
労研饅頭は、ろうけんまんとうと読むのが正しい。
昭和の初期。不況の時代に食べるのに困った夜学生のために、岡山倉敷にあった「労働科学研究所」が考案した蒸しパンで、中国のマントウを手本に日本人向けに改良したモノ。
日本全国に普及させようと試みたけど、結局、松山のこの店だけで受け継がれ、生き残ったというモノなんです。
10センチほどの大きさで、ずっしり重たい。今では口溶けの良さであるとか軽やかさ…、つまりお腹にたまらぬことがお菓子の美徳のようになったけれども、これはそういうやわな考えの真逆にあって、ドッシリ重たい。歯ごたえもある。顎を使って喰らい味わい、お腹を満たすためにある。

最近では中にあんこやジャムを入れた現代式のお菓子的なる労研饅頭も用意されてる。けれどやっぱりオリジナルをと、黒大豆をアクセントにした労研饅頭を選んで買った。

roken1roken2roken3

ほんのり甘い。けれど決して甘すぎずもったりとした食感は、焼くのに失敗しちゃったスポンジみたいで、けれど食べ続けると唾液と混じってとろり、とろける。素朴は味わい。オモシロイ。
それと一緒に醤油餅。これも松山独特のお菓子のひとつで、ういろうのような食感なれど中に醤油をくわえて作ってる。だから醤油餅という名で、醤油の風味と塩味が甘みをひきたて、これまた腹持ちよいお菓子。松山の人はこういうモノを食べながら一生懸命働いたのかな…、って思ったりした。なつかしい。

 

関連ランキング:和菓子 | 大街道駅県庁前駅市役所前駅

 

hokuou1hokuou2一夜明けて高知に移動。
今度の旅は行ったり来たり。しかも四国四県をもれなく回るスケジュール。
バスにのって山に入るとなんと雪。
高いところにある木はすっかり真っ白。
何回かトンネルくぐって高知の街に近づくと、一転、おひさま明るくなって青い空です…、ホっとする。

お昼ご飯を打ち合わせ先の近所のお店、「北欧館」にやってくる。
駐車場のある大型喫茶店という風貌の店。コーヒーだけでも使える店で、けれど食事メニューが充実してる。ハンバーグやステーキ、フライモノ。スパゲティーにカレーにグラタンといわゆるファミリーレストラン的商品がズラリと並ぶ。気軽なランチメニューもあって、昼ご飯をたのしむ人でニギワッている。

hoku-souphoku-ebi大人顧客がメインです。
しかもシニアのご夫婦客がほとんどでみんなちょっとおしゃれな装い。
背筋を伸ばした土佐マダムとムッシュが集うレストランという空気がステキ。ハンバーグとエビフライのセットをたのんだ。ファミレス王道メニューでござる。

まずはサラダとスープがきます。
サラダは小さなグリーンサラダ。スープは野菜を刻んでタップリ加えた野菜チャウダー。どちらもおいしく、おいしい以上に温度管理がしっかりしてる。
野菜はパリパリ冷たくて、スープはフーフー熱い。基本に忠実であるということ…、いい感じ。

スープをおいしく食べたところでまずエビフライ。アスパラガスほどの太さ、長さのエビがパン粉をまとってからり。表面サクサク揚がったパン粉が軽やかで、タルタルソースもおいしい自家製。それにしてもハンバーグはどうしたんだろう…、エビフライって注文が入ったのかなぁと思っていると、お待たせしましたと二枚目の皿。

h1h2h3

ハンバーグがうつくしく盛り付けられてやってくる。つまりココの「ハンバーグとエビフライ」が意味するところは、ハンバーグとエビフライの盛り合わせではなく、ハンバーグ「と」エビフライだという、なんだかステキなサプライズ。
他の人がたのんでいた単品のハンバーグと比べてみるとほんのちょっとだけ小さくて付け合せの野菜が少な目。それ以外はほぼ同じ。つまりエビフライもハンバーグも単品として十分価値のあるものを一緒にどうぞという贅沢さ。
表面サクッとこんがりやけて、中はふっくら。肉の食感がホツホツ奥歯を叩くおいしさ。ご飯にのっけてタルタルソースをちょこんとあしらい、パクリ食べると気持ちがパパっと明るくなるようなオゴチソウ。

 

関連ランキング:洋食 | 高知駅高知駅前駅高知橋駅

コメント

  1. ぱんだちゃん

    労研万頭、実に懐かしいです!まだあるのですねー、今から30年位前に父がよく買ってくれました。当時、餡子が苦手で鯛焼きすらアン抜きで焼いてもらっていた私ですが、労研万頭は餡子が入ってなくて、喜んで食べたものでした。世代を超えて受け入れられる味なのですね〜。嬉しい記事でした。

    • サカキシンイチロウ サカキシンイチロウ

      ぱんだちゃんさん
      ボクも昔はあんこが苦手だったので、この労研饅頭。大好物でした。
      食事の代わりにもなるやさしい甘み。育ち盛りの腹ペコのお腹には本当にアリガタイおやつでした。
      ずっとこのままであってほしいなぁ…、って思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。