利久で朝

東京駅からはじまる今日。朝ご飯を利久で牛たん。
牛たん焼きの店ではあるけど、朝の時間にくるとカレーの香りがホワンと漂う。牛たんは焼き上がるのに時間がかかるし値段も高い。だから牛たんを一緒に煮込んだカレーがメインのメニューになってる。
とはいえ時間はかかるけれど、牛たん定食も用意されてて、それを選んでたのんで食べる。
案外そういう人も多くて、今朝もボクを含めて4人が定食待ちでした。
この待ち時間分早く家を出てきた今朝で、だからのんびり。カレーの匂いを嗅ぎつつ待った。

10分ほどしてお待たせしましたとやってきたのは「極み焼き」。
分厚くやわらかなところを選んでこんがりと焼く。芯までしっかり熱が入るようにと深く切目を入れて、そこがめくれるように焼きあがる。焼け色見事で、芯の部分はキレイなロゼ色。焼けた脂のおいしいにおいが鼻をくすぐる。オゴチソウ。

噛んだ直後のザクッと歯切れる食感に、それに続いてじゅわりと肉汁したたりだしてくるのにウットリ。
噛み続けるとザクザクしていたタンがどんどんとろけて粘る。この食感の変化と上品だけど強い旨味が牛たんという食べ物の特別なとこ。
これに麦飯、テールスープにタンの端材の佃煮がついて定食。ご飯は少なめ、出汁でわったとろろをつけてひと揃え。

ネギがたっぷり入ったスープ。
中にはゴロンとふた塊のテールが沈む。胡椒をたっぷりふりかけてハフッと食べると口に広がる肉の旨味にウットリします。
カラコロ転がる麦飯にとろろがからんですべすべになる。出汁の風味もしっかりしていてこの麦とろだけでも充分気持ちが満たされそうな味わい深さ。青唐辛子の味噌南蛮をひとかけ、とろろの上にのっけてズルリと食べる。お腹がカーッとあったかになり、お腹の中から目がさめる。
牛たんのサイドにたっぷり添えられた浅漬けにした白菜がサクサクシャキシャキ、みずみずしくてサラダのように振る舞うステキ。一味をたっぷり貼り付けながら牛タン食べてとろろご飯をかきこんで、さて出かけましょう…、北に行く。

 

関連ランキング:牛タン | 東京駅大手町駅二重橋前駅

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。