利久、東京で食べる仙台の牛たん

仙台牛たんを無性に食べたい。食べたくなるとどうにもこうにも我慢できなくなって新宿の利久に飛び込む。
LUMINEなり商業ビルの食堂街。
20代女子がターゲットのオサレビルの中だから、周りの店はみんなオサレなカフェしよう。
ラーメンの一風堂ですら「二分の一風堂」なるハーフポーションのオサレ豚骨ラーメンをテーマのお店を出してたりする。
男ぶりの良さが身上の利久もお店のフードはガーリー。カフェっぽい。ただメニューは他の利久と同じで、お客様も家族づれとかお一人様の男性だとか他の店とはちと違う。そう言うボクもお一人様のおじさん客です。

極み焼きを定食にする。
他のチェーンに比べて元々、厚い利久の牛たんの中でもひときわ分厚いとこを、炭でこんがり焼きあげる。
噛み心地が良いようにと、深めに切り目を入れてこんがり。
自分の脂で揚がるように焼け、表面サクサク。
脂が沸騰しながら焼かれていたんでしょう。
小さな泡の跡がビッシリ、タンの表面についている。
めくれた切り目の内側はキレイなロゼ色。肉感的で艶っぽい。
ご飯にテールスープがついてひと揃え。追加でとろろをもらって今日の小さな野望を叶えるゴチソウ。

一味唐辛子をたっぷりお皿の縁に降り注ぐ。
たんが赤くなっちゃうくらい沢山つけても強い脂のお陰で辛味をそれほど感じぬ。
むしろ辛味が旨味をひきたてて、焼けたタンをおいしくさせる。
噛むとサクッとタンが歯切れる。
歯切れてしまうと食感変容。
ムチュンとなめらか、歯茎や奥歯にからみつくようなネットリとした食感になる。
ちょっと塩味が足りないのかなぁ…、って思ったりした。
チェーンストア。
どこで食べても同じ味のはずなんだけど、仙台のお店で食べるともっとおいしく感じるんだなぁ…、ご当地料理だからという贔屓目からか、それとも小さい頃から食べ慣れた人が作る料理はおいしいからなのか。
白菜の漬物シャキシャキ、口の中を洗ってくれる。青唐辛子の南蛮味噌はビリビリ辛くて、辛さが次のタンのひと切れをねだるゴチソウ。

普通にとろろをお願いすると生の玉子の黄身が一個、落とされてくる。玉子抜きでもらうと玉子の黄身の代わりに青のり。風味がよくなる。醤油を垂らしてよく混ぜて、麦ご飯の上にたらりと垂らしてパクリ。
なめらか。麦ごはんのパラパラとした食感を一層ひきたて、口の中がスベスベしてくる。
テールスープの色が黄色みがかっていたのもいつもと違ったところでござった。いつもは透明。味はその分、濃厚でゴロゴロ入ったテールの肉も、口に入れるとホロリとほぐれる。ネギはシャキシャキ、歯ざわりたのしい。お腹も満ちる、オキニイリ。

 

関連ランキング:牛タン | 新宿駅新宿三丁目駅新宿西口駅

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。