凛々しいそばにトロトロの小箱

出張で新幹線にのり東京駅に戻ってくるのはひさしぶり。
駅に付く前に晩ご飯は何にするのかやりとりし、たまに駅の近所で食べようか…、って東京駅で待ち合わせしたり、銀座に出たり。
今日は料理を作って待ってるよ…、ってときは食後のケーキを駅ナカの店で買って急いで帰ったり。
誰かが帰りを待ってくれているって思うと新幹線すら遅く感じるほどだった。
今日戻る場所は誰もいない部屋。それがちょっとさみしくて丸の内線に乗る前に軽く食事をしておこうと東京駅前のoazoの中の小松庵。
蕎麦やタレが好きなお店で新宿の高島屋の中のお店をよく使う。
oazoのこの店はオフィスビルの中ということもあってでしょうか、夜の蕎麦前、昼のご飯モノとおじさん仕様になっていてそれはそれで趣深い。プロペラみたいな変形テーブルが真ん中にある独特な景色もステキ。

湯葉たまご箱という料理を選ぶ。
霧の小箱にご飯を敷いて、上に天ぷらなどの料理をのせる「小箱シリーズ」がここの売り物のひとつで、丼、お重のようなもの。
けれど浅目の箱にご飯が見えぬようにぎっしり料理を並べて出してくる姿が上品。天ぷらをのせた天箱は食べたことがあった。
そのときも湯葉たまごっていう組み合わせに心惹かれていたのだけれど、もし卵が生っぽかったらどうしようと思って控えた。最近は随分大人になって白身がドロドロしない限りは少々生っぽくても平気になった。それで今日はたのんでみたわけ。

せいろが一枚。
タレに薬味に小鉢に煮豆。
そして小箱という構成。
小箱をみると卵がツヤツヤとろとろで、あら、これってもしかしたらボクが一番苦手な状態?ってビクッとします。
おそるおそるすくって食べてみるとこれがなんともオモシロイ。
卵はしっかり固まっている。
その上に湯葉を餡でとじたものがかかっていて、それがスベスベとろとろしてる。卵の旨味とぽってりとした喉越し、すべる感触が生卵ではなく再現されてるというのにウットリ。感心します。
上の部分だけじっくり食べて味わうとスベスベの中に張りのある何か。それがおそらく湯葉でしょう。そのすべすべがなくなった後にはふっくらとした卵が残って餡かけの旨味と風味が後からおいかけやってくる。上品にしてなかなかの出来。

そばはスルンとなめらかで、ハリがあってかみごたえもある。風味豊かでズルッとたぐってそのまま飲み込んでしまいたくなる。けれどそれではもったいなくて、無粋に噛んでそばの香りを味わいたくなる。そんな仕上がり。
タレはスキッとかえしの風味がしっかりしてる。ここのごまだれがちょっと変わっておいしかった記憶があって、追加でたのむ。かなり緩めで酸味が効いたやわらかなタレ。胡麻の風味がおしつけがましくなくてけれど十分おいしく蕎麦を包んでくれるご馳走。スルンスルンと味わって、ネギを加えたタレに蕎麦湯でお腹に蓋する。のんびり家に帰りましょう。

 

関連ランキング:そば(蕎麦) | 大手町駅東京駅二重橋前駅

コメント

  1. 志乃

    おかえりなさい。
    久しぶりの出張、お疲れ様でした。
    湯葉玉子、美味しそうですね。
    今日は暑いけれど秋の空で、温かいあんかけの季節まであと少しだなぁと思いました。

    • サカキシンイチロウ サカキシンイチロウ

      志乃さん
      地方は東京に比べて、のどかでおだやか。人間的な生活がまだ普通にできているということにホッとしました。
      卵とじとかあんかけとか。そういうものがおいしい季節になりますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。