冷やし中華に赤とんぼ、サッポロ一番、今日は味噌

朝、冷やし中華を作ってみようと思って作る。

ちょっと蒸し暑い朝ということもあった。
それに冷蔵庫の中にハムとキュウリと玉子がある。
それぞれを薄切り、薄造りにしてパンではさめばサンドイッチになる素材。
それらを全部細切りにして、冷たい麺とあわせば冷やし中華になってくれるというこの関係性。
サンドイッチと冷やし中華は遠い親戚…、って思うとたのしい。

トマトも一緒に食べようとくし切りにして塩でもみオリーブオイルをかけて冷蔵庫で休ませる。
薄焼き卵を焼いて千切り。
キュウリも千切り。
ハムも千切り。今日は千切りの細さに挑戦してやろうと溶いた玉子に片栗粉を混ぜパリパリにして焼き上げた。最初はちょっともたもたするけど、調子がでるとリズムにのって自然と体が動いて仕上がる。大葉も刻んで準備万端。麺を固めに茹であげて冷たい水で揉みながらシャキッと冷やして水を切る。大きなお皿の中心にこんもり盛って、周りに具材を散らして仕上げる。
ザクザクとした麺の歯ごたえ、冷たい食感。千切りにした具材が一緒にまじりあい、朝のお腹が涼しく満ちる。のんびりしましょう…、日曜日。

新宿タカシマヤで赤とんぼのサンドイッチを買って帰っておやつに食べる。
「赤とんぼ」といえば大人仕様の上等な洋食レストランとして有名だった。
場所は新橋。サンドイッチが銀座のきれいなお姉さんのお土産に重宝されてた。
今ではレストランはなくなって、高島屋にサンドイッチの売店だけが残ってる。
野菜サンドやハムサンド。ローストビーフにツナにヒレカツ、エビフライと多彩な具材を挟んだ一口大のサンドイッチがジップロックに几帳面に収められて売られてる。ミックスサンドを2個。ヒレカツサンドをひと袋。お皿に並べてのんびり食べる。野菜にハム、たまごサラダにローストビーフ…、その4種類でミックスサンド。ソースをまとわせたヒレカツサンドには野菜サンドがついてくる。具材とパンのバランスがほどよく舌の上にすっぽりおさまるサイズもステキ。オゴチソウ。

 

関連ランキング:サンドイッチ | 日本橋駅茅場町駅京橋駅

小腹がすいて焼きそばを焼く。
冷やし中華では使い切れない食材が冷蔵庫の中にあった。
干からびはじめたしゃぶしゃぶ用の豚バラ肉。
どうやったら使い切れるんだろうって途方にくれてしまうほどたっぷりの青唐辛子。
中途半端に残ったキャベツ。
葉っぱがしなしなしはじめちゃったセロリが一本。
常備してある焼きそばの麺が一個だけ…、とそれらを使っていい焼きそばができそうな予感があって、それで作った。

まず豚バラ肉を細かく切って、塩で味を整えながらフライパンでカリカリになるまで焼き上げ、一旦取り上げる。
脂が残ったフライパンに袋ごと半分に切った麺を電子レンジであっためたのをバサッと投入。刻んだ青唐辛子をドサッと入れて乾煎りします。麺に熱が入ってカサカサしはじめたところで豚バラ肉を戻して一緒に、セロリと千切りキャベツを入れる。
あとは一気に煽っていってキャベツが焦げる香りがしたら粉末ソースを半分だけ入れ出来上がり。豚バラ肉の脂が主役の仕上がりで、青唐辛子の辛味もおいしい。よくできた。

夜、崎陽軒の炒飯弁当をメインにしお供にサッポロ一番みそラーメン。
サッポロ一番の中で一番好きなのは塩ラーメン。けれど今日は弁当の汁代わりにと思ってそれで味噌味にした。
それに昨日の深谷もやしもまだ残ってて、それを主役にして作る。
豚バラ肉を刻んでフライパンでこんがりと焼く。脂が出たらもやしを入れて中華スープで下味つける。ラーメン作って丼に入れ、上に炒めたもやしをたっぷり。刻んだネギを散らして完成。ズルンと食べる。味噌味スープがからんだもやしのおいしいこと。むっちりスベスベの麺が引き立つオゴチソウ。
それにしても崎陽軒の炒飯弁当の炒飯のおいしいこと。箸で持ち上がるようにくっついて仕上がってるのだけど、口に入れるとパラパラになる。スベスベご飯に染み込んだ味は上等な中華味。焼き飯じゃなくあくまで炒飯。シウマイ3個に唐揚げが2個。煮たたけのこに上海焼きそば。何を食べてもオキニイリ。

コメント

  1. あやーん

    サカキさん、こんばんは。
    実は崎陽軒の炒飯弁当、今日のお昼に食べたのですが、微妙に中身が違います。
    鶏唐揚げは甘酢あんで1つ。シウマイは3つと同じですが、炒飯には海老が3つ乗っかっていました。
    お漬物の種類も違ったし、なんだか不思議。
    でも、おいしかったので、それでよしです。

    • サカキシンイチロウ サカキシンイチロウ

      あやーんさん
      崎陽軒の炒飯のお弁当には2種類ありまして、あやーんさんがお召し上がりになったのは「横濱炒飯」。これは「炒飯弁当」。炒飯の味もちょっと違うようなんです。
      横濱炒飯がメインのお店と、炒飯弁当がメインのお店があるようで、あったりなかったり。その両方が揃うことはとても稀のように感じます。
      ぜひ今度は炒飯弁当を試されてみてください。

  2. Leocco

    錦糸卵とキュウリの千切りが美しい!
    と写真を見て思っていたら、片栗粉を混ぜるという工夫もされていたのですね。
    その域に達するまで、私も頑張ります。
    テラスに植えているシソもかなり大きくなってきました。
    もうちょっとの辛抱です。

    最近のブログ、お元気そうで何よりです。
    ただ、まだ色々と大変でしょう。
    どうぞお体を大事にお過ごしくださいませ。

    • サカキシンイチロウ サカキシンイチロウ

      Leoccoさん
      まだ気持ちの整理がしっかりとはできません。
      食欲にもむらがあって、一日一日を必死になって生きているような状況ではあります。
      ただそういうときこそ丁寧に食べることを大切にしようとがんばっています。まだしばらくの我慢です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。